简体版 繁體版
登録 ログイン

あぜ-みち 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [2] 
    【畦道】

    田と田の間の細い道。

  • あぜみち    【畦道】 田と田の間の細い道。
  • あぜ    【綜】 ⇒綜絖(ソウコウ) ; 【畦・畔】 (1)土を盛り上げて作った,田と田の境。くろ。 (2)敷居や鴨居(カモイ)の,溝と溝の間にあるしきり。
  • あぜき    【校木】 校倉(アゼクラ)造りの外壁を構成する横木。
  • あぜち    【按察使・按察】 719年,地方行政監察のために数国を単位として置かれた令外官(リヨウゲノカン)。のち,陸奥(ムツ)・出羽の二国を残し,名義だけとなって大・中納言や参議の兼任となった。あんさつし。
  • あぜな    【畦菜】 ゴマノハグサ科の一年草。田の畦などに生える。高さ15センチメートル内外。葉は楕円形で茎に対生する。夏から秋に,小さい淡紅紫色の小花を開く。母草。
  • あぜび    【畦火】 早春,害虫駆除などのために畦の枯れ草を焼く火。﹝季﹞春。
  • あぜん    【唖然】 予想もしなかった事態に驚きあきれてものも言えないさま。 「一同―として言葉も出ない」「余(アマリ)の不意に拍子抜して,…―たるのみ/金色夜叉(紅葉)」
  • あぜ棒    綾竹
  • あぜ道    畦道; 畔道
  • あぜ-あみ    [0] 【畦編み】「ゴム編み」に同じ。
  • あぜ-いと    [0] 【綜糸】綜絖(ソウコウ)に用いる糸。綾糸。掛け糸。
  • あぜ-おり    [0] 【畦織(り)】畝織り
  • あぜ-がや    [3][0] 【畦茅】イネ科の一年草。田の畦や湿った草地に生える。高さ約70センチメートル。葉は線形で薄い。夏から秋に枝頂に褐紫色のまばらな円錐花穂をつける。
  • あぜ-き    [0] 【校木】校倉(アゼクラ)造りの外壁を構成する横木。
  • あぜ-くら    [0] 【校倉】倉の形式の一。柱を用いず,木材を井桁(イゲタ)状に積み重ねて壁を作るもの。甲倉。叉倉。