简体版 繁體版
登録 ログイン

あたり-げい 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [3][0] 
    【当(た)り芸】

    俳優などの,好評を得た芸。

  • あたりげい    【当(た)り芸】 俳優などの,好評を得た芸。
  • あたり-あたり    【辺り辺り】(1)あちらこちら。そこここ。「月…いとはなやかにさし入りたれば,―見ゆるに/源氏(蓬生)」(2)あれこれの人を婉曲(エンキヨク)にさす語。あの方この方。「おのづから心にくき―を/狭衣 1」
  • あたり    【辺り】 〔「当たり」と同源か〕 ある物や場所・時間などを基準として,それに近い範囲。接尾語的にも用いる。 (1)付近。近所。近く。一帯。周囲。 「この―は静かだ」「本郷―に下宿する」「―を見まわす」「―近所」 (2)時間・程度などの大体を示す。ころ。時分。ぐらい。 「来週―,もう一度会おう」「彼―が適任だよ」「この―で妥協しよう」 (3)婉曲(エンキヨク)に人や家をさす語。 「母女御もいと重
  • あたりあたり    【辺り辺り】 (1)あちらこちら。そこここ。 「月…いとはなやかにさし入りたれば,―見ゆるに/源氏(蓬生)」 (2)あれこれの人を婉曲(エンキヨク)にさす語。あの方この方。 「おのづから心にくき―を/狭衣 1」
  • 1人あたり    一人当たり; 1人当たり; 一人あたり
  • あたりあい    【当たり合ひ】 (1)ありあわせ。ありあい。 「―の枕引きよせ大鼾(オオイビキ)して/浮世草子・俗つれ 1」 (2)ぶつかり合うこと。衝突。 「きつと仕候申分抔にては―に成て,安き事も直らぬもの也/葉隠」
  • あたりがね    【当(た)り鉦】 摺鉦(スリガネ)の忌み詞。「すり」をきらって言い替えた語。ちゃんぎり。
  • あたりき    「当たり前」を歯切れよく,しゃれていう語。近世以降,職人などが用いる。 「―しゃりき」
  • あたりぎ    【当(た)り木】 すりこ木の忌み詞。「すり」をきらっていう。
  • あたりくじ    【当(た)り籤】 賞金・賞品などの当たったくじ。
  • あたりごま    【当(た)り胡麻】 炒(イ)りゴマを油が出るまでよくすりつぶしたもの。
  • あたりどし    【当(た)り年】 (1)ある農作物や果物などの収穫の多い年。 「ミカンの―」 (2)物事が順調にいき,幸運に恵まれた年。
  • あたりに    近くに
  • あたりばこ    【当(た)り箱】 硯箱(スズリバコ)の忌み詞。「すり」をきらっていう。
  • あたりばち    【当(た)り鉢】 すり鉢の忌み詞。「すり」をきらっていう。