简体版 繁體版
登録 ログイン

あだ-ざくら 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【徒桜】
    はかなく散ってしまう桜の花。「浮世の春の―,風吹かぬ間もあるべきか/謡曲・墨染桜」

  • あだざくら    【徒桜】 はかなく散ってしまう桜の花。 「浮世の春の―,風吹かぬ間もあるべきか/謡曲・墨染桜」
  • あだまくら    【徒枕】 (1)男女のその場かぎりの契り。 「かりそめの夢も浮き寝の―/長唄・かりそめの傾城」 (2)ひとり寝。あだね。 「ひとり寝(ヌ)る夜の―/長唄・黒髪」
  • あだ-まくら    【徒枕】(1)男女のその場かぎりの契り。「かりそめの夢も浮き寝の―/長唄・かりそめの傾城」(2)ひとり寝。あだね。「ひとり寝(ヌ)る夜の―/長唄・黒髪」
  • あきざくら    【秋桜】 コスモスの異名。﹝季﹞秋。
  • あき-ざくら    [3] 【秋桜】コスモスの異名。[季]秋。
  • あさぎ-ざくら    [4] 【浅葱桜】サトザクラの一品種。黄色みを帯びた緑色の花をつけるもの。
  • あさざくら    【朝桜】 朝露をおびて咲く清らかな桜。
  • あさ-ざくら    [3] 【朝桜】朝露をおびて咲く清らかな桜。
  • いとざくら    【糸桜】 シダレザクラの異名。﹝季﹞春。
  • いと-ざくら    [3] 【糸桜】シダレザクラの異名。[季]春。
  • いぬざくら    【犬桜】 バラ科の落葉高木。高さ5~10メートル。本州中部以西に分布。葉はサクラに似る。春,白い小形の五弁花を総状に多数つける。萼(ガク)は花後も脱落せず,果実は熟して紫黒色となる。
  • いぬ-ざくら    [3] 【犬桜】バラ科の落葉高木。高さ5~10メートル。本州中部以西に分布。葉はサクラに似る。春,白い小形の五弁花を総状に多数つける。萼(ガク)は花後も脱落せず,果実は熟して紫黒色となる。
  • うすざくら    【薄桜】 「薄花桜(ウスハナザクラ)」に同じ。
  • うす-ざくら    [3] 【薄桜】「薄花桜(ウスハナザクラ)」に同じ。
  • うずざくら    【雲珠桜】 〔花の形が唐鞍(カラクラ)の雲珠(ウズ)に似ているところから〕 (1)鞍馬山に咲く桜の総称。 「鞍馬の山の―/謡曲・鞍馬天狗」 (2)サトザクラの一種。しべが長く,花は一重弁。