简体版 繁體版
登録 ログイン

あったか・い 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [4] 
    【暖かい・温かい】
     (形)
    「あたたかい」に同じ。「―・い部屋」
    [派生] ――さ(名)――み(名)

  • あったか    【暖か・温か】 「あたたか」に同じ。 「―な布団」「―ごはん」
  • あったかい    【暖かい・温かい】 「あたたかい」に同じ。 「―・い部屋」 ﹛派生﹜——さ(名)——み(名)
  • あったまる    【暖まる・温まる】 「あたたまる」に同じ。 「よく―・ってから出なさい」
  • あったま・る    [4] 【暖まる・温まる】 (動ラ五[四])「あたたまる」に同じ。「よく―・ってから出なさい」
  • あっためる    【暖める・温める】 「あたためる」に同じ。 「かじかんだ手を―・める」
  • あったら    【可惜】 「あたら」の転。 「―面白い夢を攪(サマ)し臭(クサ)つたナ/社会百面相(魯庵)」 ――口に風邪(カゼ)ひか・す せっかく言い出したことが無駄になるたとえ。あたら口に風を入る。
  • あったらし    【惜らし】 「あたらし(惜)」の転。 「かかる臆病者共に―・しき御所領を徒らにたばんより/幸若・十番斬」
  • あったら・し    【惜らし】 (形シク)「あたらし(惜)」の転。「かかる臆病者共に―・しき御所領を徒らにたばんより/幸若・十番斬」
  • あった・める    [4] 【暖める・温める】 (動マ下一)「あたためる」に同じ。「かじかんだ手を―・める」
  • こみあった    おしあいへしあい; ぎゅうぎゅうづめ
  • あっけ-な・い    [4] 【呆気ない】 (形)[文]ク あつけな・し(物足りないの意の「飽く気(ケ)なし」の転。「呆気」は当て字)予期や期待に反して簡単・貧弱で物足りない。「―・い幕切れ」「―・く敗れる」[派生] ――さ(名)
  • 寸法のあった    ぴったりの
  • い-たか    ヰ― 【威高・居高】 (名・形動ナリ)傲慢(ゴウマン)なこと。不遜(フソン)なさま。「甲斐若党比興―なる由申す/看聞御記」
  • たか・い    [2] 【高い】 (形)[文]ク たか・し(1)空間的に基準面よりかなり上にある。(ア)物の下端から上端までの差が大きい。上方に伸びている。「背の―・い人」「―・い山」「雪が―・く積もる」(イ)離れて上の方に位置している。はるか上方にある。「―・い秋空」「ヒバリが―・く舞い上がる」「日はまだ―・い」(ウ)前方に突き出ている。「―・い鼻」(2)音や香りが顕著である。(ア)高音である。音や声の振動
  • とったか-みたか    【取ったか見たか】 (形動)(手に取って見たか見ないかのうちに,の意)(1)あっという間のことであるさま。すぐさま。「―に筆をとり/洒落本・二日酔巵觶」(2)手に入った金をすぐ使ってしまうさま。また,その日暮らしであるさま。「カネヲ―ニツカウ/ヘボン(三版)」(3)ざっくばらん。「―にやつてのけるは酒の徳/滑稽本・六あみだ詣」