简体版 繁體版
登録 ログイン

あつかい-ぐさ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アツカヒ― 
    【扱ひ種】

    (1)世話をすべき対象。養育すべき子供など。「一条の宮の,さる―持たまへらで,さうざうしきに/源氏(匂宮)」
    (2)話の種。話題。「まづこの君だちの御事を―にし給ふ/源氏(椎本)」

  • あつかいぐさ    【扱ひ種】 (1)世話をすべき対象。養育すべき子供など。 「一条の宮の,さる―持たまへらで,さうざうしきに/源氏(匂宮)」 (2)話の種。話題。 「まづこの君だちの御事を―にし給ふ/源氏(椎本)」
  • あつかい    【扱い】 (1)物を使用したり,操作したりすること。 「―が乱暴だ」 (2)人の相手になること。応対。 「部下の―がうまい」 (3)その地位,その状態にある者として接すること。他の語と複合して用いられる。 「罪人―」「子供―」 (4)人の世話をすること。病人を看護すること。 「この人,かくてやみ侍なば,御前の御―,いかがつかうまつらむ/狭衣 1」 (5)訴訟や争い事の仲立ちをすること。調停。仲
  • あつかいて    【扱い手】 (1)その物や事柄を取り扱う人。取り扱い人。 (2)もめごとなどを調停する人。仲裁人。 「―になつて挨拶なされ/狂言記・禁野」
  • あつかい-て    アツカヒ― [0][5] 【扱い手】(1)その物や事柄を取り扱う人。取り扱い人。(2)もめごとなどを調停する人。仲裁人。「―になつて挨拶なされ/狂言記・禁野」
  • きあつかい    【気扱い】 心づかい。気苦労。 「心配もなく,―も無く浮々(ウカウカ)として/浮雲(四迷)」
  • き-あつかい    ―アツカヒ [2] 【気扱い】心づかい。気苦労。「心配もなく,―も無く浮々(ウカウカ)として/浮雲(四迷)」
  • とり-あつかい    ―アツカヒ [0] 【取(り)扱い・取扱】(1)取り扱うこと。「―高」(2)世話。接待。待遇。「丁重な―」
  • にあつかい    【荷扱い】 荷物を取り扱うこと。運ばれてきた貨物を受け取ったり保管したりすること。
  • に-あつかい    ―アツカヒ [2] 【荷扱い】荷物を取り扱うこと。運ばれてきた貨物を受け取ったり保管したりすること。
  • もち-あつかい    ―アツカヒ [0] 【持(ち)扱い】もちあつかうこと。「大きすぎて―に困る」
  • きゃく-あつかい    ―アツカヒ [3] 【客扱い】 (名)スル(1)「客あしらい」に同じ。(2)客としてもてなすこと。「―しないで下さい」
  • こども-あつかい    ―アツカヒ [4] 【子供扱い】 (名)スル(1)大人を子供のように軽く扱うこと。軽くあしらうこと。「―されて不愉快だ」(2)子供の世話をし,面倒を見ること。育児。「あまたの―におのづから忘れ草摘みてむ/源氏(浮舟)」
  • たにん-あつかい    ―アツカヒ [4] 【他人扱い】 (名)スル親密な人や親族の者を他人のようによそよそしく待遇すること。
  • とりあつかい    【取(り)扱い・取扱】 (1)取り扱うこと。 「―高」 (2)世話。接待。待遇。 「丁重な―」
  • ままこ-あつかい    ―アツカヒ [4] 【継子扱い】他の者と区別して,ことさらのけ者扱いにすること。「国際社会で―される」