简体版 繁體版
登録 ログイン

あつち死に 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • あつちじに
    〔「あつち」は動詞「あつつ」の連用形〕
    もだえ狂い,跳ね回って死ぬこと。
    「悶絶躃地(ビヤクチ)して,遂に―ぞし給ひける/平家 6」

  • 討ち死に    討死; 名誉の戦死
  • あつちじに    【あつち死に】 〔「あつち」は動詞「あつつ」の連用形〕 もだえ狂い,跳ね回って死ぬこと。 「悶絶躃地(ビヤクチ)して,遂に―ぞし給ひける/平家 6」
  • あつち-じに    【あつち死に】(「あつち」は動詞「あつつ」の連用形)もだえ狂い,跳ね回って死ぬこと。「悶絶躃地(ビヤクチ)して,遂に―ぞし給ひける/平家 6」
  • ひあつちかすい    【被圧地下水】 傾斜している二つの不透水層の間に介在する透水層中の地下水。圧力がかかっているので,このような所に井戸を掘ると,地表に自噴することがある。被圧水。
  • 死に    しに ※一※ ◎ (名) (1)死ぬこと。死んでしまっていること。死。 ⇔生き 「生き―の瀬戸際」 (2)本来の効果を十分に果たさずに終わること。 「―金」 (3)囲碁で,一群の石が独立した二つ以上の目をもたず,相手の生きている一群の石に取り囲まれている状態。相手の上げ石となる。 ⇔生き 「―石」 ※二※ (接頭) 人をののしっていう語に付いて,ののしる意をさらに強める。 「―畜生」
  • つち    【土】 小説。長塚節作。1910年(明治43)「東京朝日新聞」連載。茨城の貧しい農民の生活を自然の推移とともに克明に写生した作品。 ; 【土・地】 (1)地球の陸地の表面をおおう物質。風化した岩石の細かいくず,生物の遺骸およびその腐敗物,微生物などよりなる。土壌。 「―を耕す」「肥えた―」 (2)地球の表面。地上。大地。地面。古くは天(アメ)に対して地上界をさす。 ⇔天(アメ) 「故郷の―を踏
  • 死に所・死に処    しにどころ ◎ 死に場所。しにどこ。
  • 死に肌・死に膚    しにはだ ◎ 死人の肌。
  • 死に跡・死に後    しにあと ◎ 死んだあと。特に,配偶者(特に妻)の死んだあと。 →往(イ)に跡(アト)
  • あつ    【圧】 押さえつける力。圧力。 「―を加える」 ; 【当つ・充つ・宛つ】 ⇒あてる
  • 人死に    ひとじに ◎ (事故で)人が死ぬこと。 「―が出る」
  • 干死に    ひじに 飢えて死ぬこと。 「やがてこの御前にして―に死なむ/今昔 16」
  • 必死に    切実に; 気も狂わんばかり; 緊急に
  • 恋死に    こいじに ◎ 恋いこがれて死ぬこと。
  • 早死に    はやじに ◎④ 年若くして死ぬこと。若死に。 「病弱で―する」