简体版 繁體版
登録 ログイン

あつぼったい 意味

読み方:
"あつぼったい"の英語"あつぼったい"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【厚ぼったい】
    (紙・布などが)厚くふくらみ,重たいような感じである。
    「―・い本」
    ﹛派生﹜——さ(名)

  • あつ-ぼった・い    [5][0] 【厚ぼったい】 (形)(紙・布などが)厚くふくらみ,重たいような感じである。「―・い本」[派生] ――さ(名)
  • ぼったい    〔形容詞型活用〕 形容詞の語幹や動詞の連用形に付いて,まったくそういう状態である,いかにもそういう感じであるなどの意を表す。 「厚―・い」「腫(ハ)れ―・い」
  • やぼったい    【野暮ったい】 やぼな感じがする。 「―・い身なり」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • 厚ぼったい    あつぼったい ⑤◎ (紙・布などが)厚くふくらみ,重たいような感じである。 「―・い本」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • 安ぼったい    やすぼったい ⑤ 安っぽくて品(ヒン)がなく,粗末な感じだ。 「―・い品」
  • はれぼったい    【腫れぼったい】 腫れてふくれている感じである。 「寝不足で目が―・い」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • やすぼったい    【安ぼったい】 安っぽくて品(ヒン)がなく,粗末な感じだ。 「―・い品」
  • 腫れぼったい    はれぼったい ⑤◎ 腫れてふくれている感じである。 「寝不足で目が―・い」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • ねったい-ていきあつ    [7] 【熱帯低気圧】熱帯の主として海上で発生した低気圧の総称。海面からエネルギーを補給されつつ発達し,発生海域によって台風・ハリケーン・サイクロンなどと呼ばれる。日本では,最大風速が風力七以下を弱い熱帯低気圧,八以上を台風と大別する。
  • あねったいこうあつたい    【亜熱帯高圧帯】 南北両半球の緯度三〇度付近を中心にできる気圧の高い地帯。中緯度高圧帯。
  • あねったい-こうあつたい    ―カウアツ― [0] 【亜熱帯高圧帯】南北両半球の緯度三〇度付近を中心にできる気圧の高い地帯。中緯度高圧帯。
  • はれ-ぼった・い    [5][0] 【腫れぼったい】 (形)[文] はれぼつた・し腫れてふくれている感じである。「寝不足で目が―・い」[派生] ――さ(名)
  • ぼったてる    【追っ立てる】 〔「おったてる」の転〕 (1)追い立てる。 「百千万の獣(ケダモノ)を―・て―・て/浄瑠璃・出世景清」 (2)勢いよく立てる。 「尻を―・てて/洒落本・通言総籬」
  • ぼったり    「ぼたり」を強めていう語。 「といた小麦粉を―(と)おとす」
  • ぼった・い    (接尾)(形容詞型活用)形容詞の語幹や動詞の連用形に付いて,まったくそういう状態である,いかにもそういう感じであるなどの意を表す。「厚―・い」「腫(ハ)れ―・い」