简体版 繁體版
登録 ログイン

あつみ 意味

読み方:
"あつみ"の例文"あつみ"の英語"あつみ"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【渥美】
    愛知県渥美郡の町。渥美半島の先端に位置し伊良湖岬がある。

  • 【厚み】
    (1)厚さの程度。厚いと感じられる状態。
    「胸のあたりに―がでてきた」
    (2)奥深く豊かな感じ。
    「教養に―が感じられる」「―を持たせる」

  • あつみけい    【厚み計】 薄板や紙などの厚さを測る計器。ノギス・ダイヤル-ゲージのほか,空気厚み計・電磁厚み計・超音波厚み計・放射線厚み計などがある。厚さ計。
  • あつみつ    【圧密】 土や地盤に圧力が加わって体積が減少すること。
  • あつみ-けい    【厚み計】薄板や紙などの厚さを測る計器。ノギス・ダイヤル-ゲージのほか,空気厚み計・電磁厚み計・超音波厚み計・放射線厚み計などがある。厚さ計。
  • あつみ-おんせん    ―ヲンセン 【温海温泉】山形県西部,温海川河畔の硫化水素泉。湯は天候により七色に変化する。庄内三楽湯の一つ。
  • あつみ-しんのう    ―シンワウ 【敦実親王】(893-967) 宇多天皇の皇子。母は藤原高藤の娘胤子。宇多源氏の祖。出家して法名を覚真,また仁和寺宮と称された。和琴(ワゴン)・琵琶(ビワ)の名手として有名。宇多源氏
  • あつみ-はんとう    ―タウ 【渥美半島】愛知県南部,伊勢湾・三河湾と太平洋を分かつ半島。温室栽培が盛んで,メロンや花卉(カキ)などを産出。
  • あつみおんせん    【温海温泉】 山形県西部,温海川河畔の硫化水素泉。湯は天候により七色に変化する。庄内三楽湯の一つ。
  • あつみしんのう    【敦実親王】 (893-967) 宇多天皇の皇子。母は藤原高藤の娘胤子。宇多源氏の祖。出家して法名を覚真,また仁和寺宮と称された。和琴(ワゴン)・琵琶(ビワ)の名手として有名。 →宇多源氏
  • あつみはんとう    【渥美半島】 愛知県南部,伊勢湾・三河湾と太平洋を分かつ半島。温室栽培が盛んで,メロンや花卉(カキ)などを産出。
  • つみ    【柘】 植物ヤマグワの古名。[和名抄] ; 【錘】 「つむ(錘)」に同じ。 「―デイトヲツムグ/日葡」 ; 【雀鷂・雀鷹】 タカ目タカ科の鳥。雄はエッサイ(悦哉)とよぶ。全長は雌が約30センチメートルで,雄はやや小さい。日本で最小の鷹(タカ)。上部は灰黒色,胸と腹は雌では白に暗色の縞があり,雄では淡褐色。山林にすみ,小鳥を捕食する。シベリアから中国・日本に分布し,冬には南方に渡る。日本では主
  • あつ    【圧】 押さえつける力。圧力。 「―を加える」 ; 【当つ・充つ・宛つ】 ⇒あてる
  • あつ-あつ    [0] 【熱熱】 (形動)(1)(新婚の夫婦や恋人どうしが)熱烈に愛し合っているさま。「―の仲」(2)(料理などが)非常に熱いさま。「―のうちにどうぞ」
  • かつみ    【勝見】 「勝見草」の略。 「葦根はひ―も茂き沼水に/金葉(秋)」
  • くい-つみ    クヒ― [0] 【食(い)積み・食(い)摘み】(1)正月用に作った料理を重詰めにしたもの。[季]新年。《―のほかにいさゝかの鍋の物/虚子》(2)「蓬莱(ホウライ)飾り」の江戸での称。「―が小癪に出来て一分めき/柳多留(初)」
  • くさ-つみ    [4][3] 【草摘み】 (名)スル春先,野原に出て摘み草を楽しむこと。[季]春。

例文

  • 蛍火 三河渥美の港にて討ち死に あつみ
  • 蛍火 三河渥美の港にて討ち死に あつみ
  • 伊勢松坂より 舟を使いまして みかわあつみ 三河渥美へと向かっております
  • 渥美郡(あつみのこおり)は三河国の郡。
  • 本名・松崎淳美(まつざき あつみ)。
  • 本名・松崎淳美(まつざき あつみ)。
  • 別名田部あつみ、また田辺あつみとも。
  • 別名田部あつみ、また田辺あつみとも。
  • 彼自身の本名は「瑩祗比古(あつみひこ)」。
  • 当時、田辺あつみと名乗っていた。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5