简体版 繁體版
登録 ログイン

あつらえ の敬語 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • おあつらえ
  • あつらえ    【誂え】
  • の敬語    綿入れ 御綿入れ
  • あつらえ    【誂え】 (1)注文して作らせること。また,注文して作る品。オーダー-メード。 ⇔出来合い 「―の服」「特別―」 (2)歌舞伎で,作者や役者が特に注文して,その場面のために新しく鳴り物・道具などを作らせること。 「―の合方(アイカタ)」 (3)人に頼んでしてもらうこと。 「姫君の御―にことづけて/源氏(蛍)」
  • あつらえた    発注した
  • あつらえる    【誂える】 (1)注文して作らせる。 「礼服を―・える」「焼鍋を一枚―・へてくんな/安愚楽鍋(魯文)」 (2)人に頼んで,自分の思うとおりのことをしてもらう。依頼する。 「―・へたるやうにかしこの人の集まりたるは/落窪 3」 〔中世後期から近世,ヤ行下二段にも活用した。「刀ヲ―・ユル/日葡」〕
  • あつらえ-むき    アツラヘ― [0] 【誂え向き】 (名・形動)要求・条件などにぴったり合っていること。おあつらえむき。「初学者に―の参考書」「美術の為めに此の自然が―に出来上つて居るとしか思はれない/ふらんす物語(荷風)」
  • あつらえ-もの    アツラヘ― [0] 【誂え物】注文して作らせた品物。
  • おあつらえ    【御誂え】 「あつらえ{(1)}」を丁寧にいう語。 「―の品」
  • お-あつらえ    ―アツラヘ [0] 【御誂え】「あつらえ{(1)}」を丁寧にいう語。「―の品」
  • べつ-あつらえ    ―アツラヘ [3] 【別誂え】 (名)スル規格にない特別のものを注文すること。また,そのもの。「―の品」
  • の敬語    綿入れ; 御綿入れ
  • あつらえむき    【誂え向き】 要求・条件などにぴったり合っていること。おあつらえむき。 「初学者に―の参考書」「美術の為めに此の自然が―に出来上つて居るとしか思はれない/ふらんす物語(荷風)」
  • あつらえもの    【誂え物】 注文して作らせた品物。
  • おあつらえ-むき    ―アツラヘ― [0] 【御誂え向き】 (名・形動)「あつらえむき」に同じ。「運動会には―の天気だ」
  • べつあつらえ    【別誂え】 規格にない特別のものを注文すること。また,そのもの。 「―の品」