简体版 繁體版
登録 ログイン

あてつけ-がまし・い 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [7] 
    【当て付けがましい】
     (形)[文]シク あてつけがま・し
    いかにもあてつけるような態度である。「―・いことを言う」

  • あてつけがましい    【当て付けがましい】 いかにもあてつけるような態度である。 「―・いことを言う」
  • あてつけがましく    つらあてに
  • つらあて-がまし・い    [7] 【面当てがましい】 (形)[文]シク つらあてがま・しいかにもあてこするような態度である。「―・く反対の意見を言う」
  • おしつけ-がまし・い    [7] 【押(し)付けがましい】 (形)[文]シク おしつけがま・し相手の意向を無視して,無理じいする感じがある。「―・い態度」[派生] ――さ(名)
  • あてつけ    【当て付け】 あてつけること。あてこすり。 「あれは私に対する―だ」
  • あてつける    【当て付ける】 (1)ほかの事にかこつけて,またそれとわかるように,相手の気にさわるようなことを言ったりしたりする。 「私に―・けてわざと反対意見を述べた」 (2)男女の仲のよいことなどを見せつける。 「あの二人にはすっかり―・けられた」 (3)割り当てる。あてがう。 「一処も本主に―・けず,殊更天王寺の常灯料所の庄を押へて知行せしかば/太平記 26」
  • おこ-がまし・い    ヲコ― [5] 【痴がましい・烏滸がましい】 (形)[文]シク をこがま・し((2)が原義)(1)分不相応である。さしでがましい。出過ぎたことだ。「自分のことは棚にあげて,そんなことを言うとは―・い」「―・くも口出しする」(2)いかにもばかげている。全くばかばかしい。「おりたちて乱るる人は,むべ,―・しきことも多からむ/源氏(紅葉賀)」[派生] ――げ(形動)――さ(名)
  • おん-がまし・い    [5] 【恩がましい】 (形)[文]シク おんがま・し恩着せがましい。「―・い挙動(フルマイ)をなし/いさなとり(露伴)」
  • かし-がまし・い    [5] 【囂しい】 (形)[文]シク かしがま・し(中世までは「かしかまし」と清音)(1)(音や声が)大きくてやかましい。かしましい。「―・い鳴き声」(2)細かいことまでとやかく言う。口うるさい。「物いへば,ひがみたりと―・しういへば,聞きにくし/落窪 4」[派生] ――さ(名)
  • がまし・い    (接尾)(形容詞型活用([文]シク がま・し))名詞・副詞や動詞の連用形などに付いて,そのようなようすである,その状態に似ている意を表す。いかにも…のようすだ。…らしい。「未練―・い」「押しつけ―・い」「差し出―・い」
  • そう-がまし・い    サウ― 【騒がましい】 (形)[文]シク さうがま・し(近世語)そうぞうしい。さわがしい。やかましい。「とんころりといふ疫病ぢやが,それでむしやうに世間が―・しい/歌舞伎・傾城天羽衣」
  • はれ-がまし・い    [5] 【晴れがましい】 (形)[文]シク はれがま・し(1)表立っていて,はなやかである。いかにも晴れの場らしい。「―・い席につらなる」(2)表立っていて,なんだかおもはゆい。「表彰されるなんて―・い」(3)はなやかである。「鎌倉は諸国の付き合ひ―・しく,人の入り込む事多ければ/仮名草子・浮世物語」[派生] ――げ(形動)――さ(名)
  • もの-がまし・い    [5] 【物がましい】 (形)[文]シク ものがま・しおおげさである。ことごとしい。「―・ク言ウ/ヘボン(三版)」
  • よう-がまし・い    ヤウ― 【様がましい】 (形)[文]シク やうがま・し(中世・近世語)(1)なにかわけがありそうだ。もったいぶっている。わざとらしい。「―・しく 『あし引とはいかやうなる事』 など様々書きたるは/正徹物語」(2)注文が難しい。条件が厳しい。「さてさてこなたは咄しに―・い人で御ざる/狂言・千鳥(虎寛本)」
  • よそ-がまし・い    【余所がましい】 (形)[文]シク よそがま・し(中世近世語)よそよそしい。みずくさい。「一礼いへばあ―・い何のお礼/浄瑠璃・夏祭」