简体版 繁體版
登録 ログイン

あて-つ・ける 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [4] 
    【当て付ける】
     (動カ下一)[文]カ下二 あてつ・く
    (1)ほかの事にかこつけて,またそれとわかるように,相手の気にさわるようなことを言ったりしたりする。「私に―・けてわざと反対意見を述べた」
    (2)男女の仲のよいことなどを見せつける。「あの二人にはすっかり―・けられた」
    (3)割り当てる。あてがう。「一処も本主に―・けず,殊更天王寺の常灯料所の庄を押へて知行せしかば/太平記 26」

  • つ・ける    [2] 【就ける】 (動カ下一)[文]カ下二 つ・く(「付ける」と同源)(1)人をある地位に置く。(ア)(「即ける」とも書く)国王の位に置く。即位させる。「王位に―・ける」(イ)人をある役職に置く。就任させる。「社長のポストに―・ける」(2)ある人から教えを受けるためにその弟子とさせる。「一流のピアノの先生に―・ける」
  • あてつける    【当て付ける】 (1)ほかの事にかこつけて,またそれとわかるように,相手の気にさわるようなことを言ったりしたりする。 「私に―・けてわざと反対意見を述べた」 (2)男女の仲のよいことなどを見せつける。 「あの二人にはすっかり―・けられた」 (3)割り当てる。あてがう。 「一処も本主に―・けず,殊更天王寺の常灯料所の庄を押へて知行せしかば/太平記 26」
  • あおり-つ・ける    アフリ― [0][5] 【煽り付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 あふりつ・く(1)盛んにおだてる。おだてあげる。「思入れ―・けて,おごらせてやらうではねえか/滑稽本・八笑人」(2)(「呷り付ける」と書く)酒などをぐいぐいと飲む。続けて飲む。「コップに半分ばかり一息に―・けて/多情多恨(紅葉)」
  • いい-つ・ける    イヒ― [4] 【言(い)付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 いひつ・く(1)命令する。「用事を―・ける」(2)告げ口をする。「先生に―・ける」(3)いつも言っている。言い慣れている。「いつも―・けている言葉」(4)伝言を頼む。ことづけする。「宮の御かへりも人の消息も,―・けて又遣りければ/大和 168」(5)名付ける。「大宰相の君などいふ人,おばおとどなど―・け給ひ/栄花(日蔭のかづら)」
  • いため-つ・ける    [5] 【痛め付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 いためつ・く(1)ひどい目にあわせる。痛い目にあわせる。「さんざんに―・ける」(2)(「撓(イタ)めつける」意からか)髪や服装を整えて堅苦しいさまをする。「五十ばかりの使者男,―・けたる出立(イデタチ)の/浄瑠璃・栬狩」
  • いり-つ・ける    [0][4] 【射り付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 いりつ・く強い光が焼き尽くすように物に当たる。
  • い-つ・ける    [3][0] 【射付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 いつ・く(1)矢を射て物に当てる。「疑惑の矢を胸に―・けられたやうな気分/行人(漱石)」(2)(光などが)強く照らす。「夏の日差しが肌に―・ける」(3)矢で射通して他の物につける。「大きな野猪(クサイナギ),木に―・けられてぞ死にて有りける/今昔 27」
  • うえ-つ・ける    ウヱ― [4] 【植(え)付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 うゑつ・く(1)所定の場所に草木や作物の苗を植える。「トマトの苗を―・ける」(2)(比喩的に)新しい思想や考え方を人の心に刻みつける。「民主主義の思想を―・ける」
  • うけ-つ・ける    [4][0] 【受(け)付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 うけつ・く(1)申し込みなどを受ける。「応募書類を―・ける」(2)人の頼みや訴えごとを聞き入れる。「返品を―・ける」(3)与えられた物事に応じた反応を示す。受け入れる。多く「受け付けない」の形で用いる。「何を食べても胃が―・けない」
  • うち-つ・ける    [4][0] 【打(ち)付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 うちつ・く(1)強く打つ。ぶつける。「柱に頭を―・ける」「コップを床に―・ける」(2)釘(クギ)などで打って固定する。「塀に板を―・ける」(3)強く当たる。「窓に―・ける雨」(4)「付ける」を強めた言い方。「はかなき疵(キズ)も―・けられなば由なし/今昔 28」(5)無遠慮にする。「―・けたる文章/浮世草子・五人女 3」
  • うみ-つ・ける    [4][0] 【生み付ける・産み付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 うみつ・く(1)虫や魚などが卵を物に付着させて産む。また,物の中に産む。「蝶が葉の裏に卵を―・ける」「セミは卵を地中に―・ける」(2)ある性質が備わるようにして子を産む。「土方の手伝ひして車の跡押しにと親は―・けても下さるまじ/にごりえ(一葉)」
  • うり-つ・ける    [4] 【売(り)付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 うりつ・く(1)押しつけて買わせる。「パーティー券を―・ける」(2)相手をだましたりして,不当な価格で売る。
  • おおせ-つ・ける    オホセ― [5] 【仰せ付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 おほせつ・く「言いつける」の尊敬語。お言いつけになる。お命じになる。「なんなりと―・け下さい」「一方の大将軍をも―・けらるべき奴原も候はず/保元(上)」
  • おくり-つ・ける    [5] 【送り付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 おくりつ・く(相手の気持ちにかかわらず)送り届ける。「請求書を―・ける」
  • おさえ-つ・ける    オサヘ― [5] 【押(さ)え付ける】 (動カ下一)[文]カ下二 おさへつ・く(1)力を入れて強く押さえる。「手足を―・ける」(2)相手の動きを封じる。活動できないようにする。「反対派を―・ける」