简体版 繁體版
登録 ログイン

あねさき 意味

読み方:
"あねさき"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【姉崎】
    千葉県市原市西部の旧町。かつて木更津街道の宿場町。東京湾岸はノリ・貝の養殖地であったが,埋立地に石油・電力などの大工場が進出し,京葉工業地域の一部となる。あねがさき。

  • 【姉崎】
    姓氏の一。

  • あねさきまさはる    【姉崎正治】 (1873-1949) 宗教学者。号は嘲風。京都の生まれ。東大教授。文人としても著名。主著「宗教学概論」「切支丹(キリシタン)宗門の迫害と潜伏」
  • あねさき-まさはる    【姉崎正治】(1873-1949) 宗教学者。号は嘲風。京都の生まれ。東大教授。文人としても著名。主著「宗教学概論」「切支丹(キリシタン)宗門の迫害と潜伏」
  • あねさま    【姉様】 (1)姉を敬っていう語。 (2)若い女性を親しんで呼ぶ語。 (3)「姉様人形」に同じ。
  • あねさん    【姉さん】 (1)姉や若い女性を親しみ敬っていう語。ねえさん。 (2)「姉御(アネゴ)」に同じ。
  • あねさま-ごっこ    [5] 【姉様ごっこ】女児が姉様人形を使ってするままごと。
  • あねさん-かぶり    [5] 【姉さん被り】女の手ぬぐいのかぶり方。広げた手ぬぐいの中央を額にあて,左右から後ろに回し,端を折り返して頭上にのせる。ねえさんかぶり。
  • あねさまごっこ    【姉様ごっこ】 女児が姉様人形を使ってするままごと。
  • あねさま-にんぎょう    ―ギヤウ [5] 【姉様人形】縮緬(チリメン)紙で髷(マゲ)を作り,千代紙などの衣装を着せた紙人形。少女がままごと遊びに使う。
  • あねさんかぶり    【姉さん被り】 女の手ぬぐいのかぶり方。広げた手ぬぐいの中央を額にあて,左右から後ろに回し,端を折り返して頭上にのせる。ねえさんかぶり。
  • あねさん-にょうぼう    ―バウ [5] 【姉さん女房】夫より年上の妻。姉女房。
  • あねさまにんぎょう    【姉様人形】 縮緬(チリメン)紙で髷(マゲ)を作り,千代紙などの衣装を着せた紙人形。少女がままごと遊びに使う。
  • あねさんにょうぼう    【姉さん女房】 夫より年上の妻。姉女房。
  • あね    【姉】 (1)同じ親から生まれた年上の女。年上の女のきょうだい。 ⇔妹 (2)兄の妻。あるいは夫や妻の年上の女のきょうだい。義姉。
  • ねさげ    【値下げ】 値段や料金を下げること。 ⇔値上げ 「量産して―する」
  • あね【姉】    おねえさん【お姉さん】; お姉ちゃん

例文

  • 姉埼神社(あねさきじんじゃ)は千葉県市原市にある神社である。
  • 姉崎公園サッカー場(あねさきこうえんサッカーじょう、通称フットパークあねさき。
  • 姉崎公園サッカー場(あねさきこうえんサッカーじょう、通称フットパークあねさき
  • 姉崎袖ケ浦インターチェンジ(あねさきそでがうらインターチェンジ)は、千葉県市原市にある館山自動車道のインターチェンジである。