简体版 繁體版
登録 ログイン

あね-ごぜ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【姉御前】
    姉を敬っていう語。「我れのみならず母上も―も/謡曲・竹雪」

  • あねごぜ    【姉御前】 姉を敬っていう語。 「我れのみならず母上も―も/謡曲・竹雪」
  • あね    【姉】 (1)同じ親から生まれた年上の女。年上の女のきょうだい。 ⇔妹 (2)兄の妻。あるいは夫や妻の年上の女のきょうだい。義姉。
  • ごぜ    【御前】 〔「ごぜん(御前)」の転〕 ※一※ (名) 貴人などに対する敬称。ごぜん。 「夷(エビス)の―腰掛けの石/狂言・石神」 ※二※ (代) 二人称。女性に対し敬意を含めて用いる。ごぜん。 「や―,―と言ひけれども音もせず/義経記 7」 ※三※ (接尾) 女性の名などに付けて,敬意を添える。ごぜん。 「姫―」 ; 【瞽女】 〔「盲御前(メクラゴゼ)」の略〕 盲目の門付(カドヅケ)女芸人。
  • あね【姉】    おねえさん【お姉さん】; お姉ちゃん
  • あねき    【姉貴】 姉を親しんでいう語。
  • あねご    【姉御・姐御】 〔「あねごぜ」の下略〕 (1)姉を敬っていう語。あねさん。 (2)頭(カシラ)・親分・兄貴分の妻,あるいは女親分などを敬って呼ぶ語。 「―肌」
  • あね-うえ    ―ウヘ [2] 【姉上】姉を敬っていう語。
  • あね-がわ    ―ガハ 【姉川】滋賀県北東部を流れる川。伊吹山地に源を発して琵琶湖に注ぐ。
  • あね-き    [0] 【姉貴】姉を親しんでいう語。
  • あね-ぎみ    [2] 【姉君】姉を敬っていう語。姉上。
  • あね-ご    [0] 【姉御・姐御】(「あねごぜ」の下略)(1)姉を敬っていう語。あねさん。(2)頭(カシラ)・親分・兄貴分の妻,あるいは女親分などを敬って呼ぶ語。「―肌」
  • あね-さま    [0] 【姉様】(1)姉を敬っていう語。(2)若い女性を親しんで呼ぶ語。(3)「姉様人形」に同じ。
  • あね-さん    [0] 【姉さん】(1)姉や若い女性を親しみ敬っていう語。ねえさん。(2)「姉御(アネゴ)」に同じ。
  • あね-じゃ    ―ヂヤ 【姉者】「あねじゃひと」の略。
  • あね-ぶん    [2] 【姉分】かりに姉として敬う人。妹分