简体版 繁體版
登録 ログイン

あぶなもの 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【危な物】
    (1)危険な事。あぶない物。
    「切つつ撲(ハ)つつは―/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」
    (2)あてにならないもの。
    「兄とは生れ給へどもはれ軍は―/浄瑠璃・門出八島」

  • あぶな-もの    【危な物】(1)危険な事。あぶない物。「切つつ撲(ハ)つつは―/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」(2)あてにならないもの。「兄とは生れ給へどもはれ軍は―/浄瑠璃・門出八島」
  • あぶな-あぶな    【危な危な】 (副)あぶないと思いながら。おそるおそる。「身もふるふほど―かかり/役者論語」
  • あぶな    【危な】 (形容詞「あぶなし」の語幹)
  • あぶなあぶな    【危な危な】 あぶないと思いながら。おそるおそる。 「身もふるふほど―かかり/役者論語」
  • あぶない    【危ない】 (1)身体・生命がそこなわれそうだ。危険だ。 「道路で遊ぶのは―・い」「命が―・い」 (2)地位がおびやかされている。 「このままでは社長の椅子が―・い」「首が―・い」 (3)よい結果が期待できそうにない。悪い結果が予想される状態にある。 「決勝への進出が―・くなった」「明日の天気は―・い」 (4)信頼できない。信用がおけない。 「彼の保証では―・い」 〔中世以降,「あやうい」に代
  • あぶなえ    【危な絵】 江戸後期の浮世絵の一種。肌をちらつかせた扇情的な婦人の姿態を,主に入浴・納涼・更衣などの日常的風俗に取材し描いたもの。春画とは異なる。
  • あぶながる    【危ながる】(1)[不安]be afraid<of,to do,that…> ;feel uneasy<about> .(2)[疑惑]be doubtful<of> .
  • あぶなく    【危なく】 もう少しのところで。まかりまちがえば。あやうく。 「―落ちるところだった」
  • あぶなげ    【危なげな】dangerous;unsteady.~ない safe;secure.
  • あぶなし    【危なし】 ⇒あぶない
  • あぶな・い    [0][3] 【危ない】 (形)[文]ク あぶな・し(1)身体・生命がそこなわれそうだ。危険だ。「道路で遊ぶのは―・い」「命が―・い」(2)地位がおびやかされている。「このままでは社長の椅子が―・い」「首が―・い」(3)よい結果が期待できそうにない。悪い結果が予想される状態にある。「決勝への進出が―・くなった」「明日の天気は―・い」(4)信頼できない。信用がおけない。「彼の保証では―・い」(中
  • あぶな・し    【危なし】 (形ク)あぶない
  • あぶな-え    ―ヱ [0][3] 【危な絵】江戸後期の浮世絵の一種。肌をちらつかせた扇情的な婦人の姿態を,主に入浴・納涼・更衣などの日常的風俗に取材し描いたもの。春画とは異なる。
  • あぶなげない    【危なげない】 危ない様子がない。危なっかしい感じがない。 「―・く勝つ」「―・く見ていられる」
  • あぶなげ-な・い    [5] 【危なげない】 (形)[文]ク あぶなげな・し危ない様子がない。危なっかしい感じがない。「―・く勝つ」「―・く見ていられる」