简体版 繁體版
登録 ログイン

あぶらだま 意味

読み方:
"あぶらだま"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【油玉・油球】
    玉のようになって水の上に浮いている油。

  • あぶら-だま    [3][0] 【油玉・油球】玉のようになって水の上に浮いている油。
  • あぶら    【油・脂・膏】 (1)動物の組織や植物の種子あるいは石油・石炭などの鉱物から抽出される,水に溶けにくく燃えやすい物質。食用・灯火・減摩剤・燃料など多くの用途がある。 (2)特に,動植物の脂肪・油脂。一般に各種の高級脂肪酸のグリセリン-エステルからなる。 〔常温で液体のものを「油」,固体のものを「脂」,特に肉の脂肪を「膏」と書く〕 (3)活動の原動力となるもの。 「―が切れた」 (4)人の皮膚か
  • そらだまり    【空騙り】 下心を隠し,うわべだけもっともらしく見せかけること。 「いかに猫,―なしそ/仮名草子・伊曾保物語」
  • ばらだま    【散弾】 (1)「さんだん(散弾)」に同じ。 (2)一発ずつこめて撃つ弾丸。
  • つらだましい    【面魂】 強くはげしい性格や精神が表れている顔つき。 「不敵な―」「頑平の―は鬼をも挫(ヒシ)ぐばかりなれば/鉄仮面(涙香)」
  • あげあぶら    【揚(げ)油】 揚げ物に使う食用油。大豆油・菜種油・ごま油など。
  • あげ-あぶら    [3] 【揚(げ)油】揚げ物に使う食用油。大豆油・菜種油・ごま油など。
  • あぶらあか    【油垢・脂垢】 脂肪分がしみついた衣服の垢。
  • あぶらあげ    【油揚(げ)】 (1)豆腐を薄く切って油で揚げた食品。あぶらげ。あげ。揚げ豆腐。 (2)油で揚げること。
  • あぶらあし    【脂足】 脂肪の分泌が多く,足の裏があぶらぎっている足。
  • あぶらあせ    【脂汗・膏汗】 (1)苦しい時などに出る,脂肪分のまじった汗。 「―を流す」 (2)暑い時,じっとりと体ににじみ出る汗。
  • あぶらいし    【油石】 (1)灰黒色でつやのある滑らかな石。 (2)米の中にまざっている黄色の小石。 (3)石炭の異名。
  • あぶらいろ    【油色】 菜種油の色。赤みがかった黄色で,すきとおった感じの色。
  • あぶらうり    【油売り】 (1)灯火用の油を売り歩いた行商人。 (2)怠け者。
  • あぶらえ    【油絵】 西洋絵画の一種。油絵の具で,木の板やカンバスなどに描いた絵。

例文

  • 千葉県佐原市の大根から小見川町にかけては、中世~近世には良馬を産した「油田牧(あぶらだまき)」があり、磨墨生誕の地といわれている。