简体版 繁體版
登録 ログイン

あぶらギッシュ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 脂ギッシュ
  • 油ギッシュ
  • 油ギッシュ    脂ギッシュ; あぶらギッシュ
  • 脂ギッシュ    あぶらギッシュ; 油ギッシュ
  • イデオロギッシュ    〖(ドイツ) ideologisch〗 思想的。観念的。
  • エネルギッシュ    〖(ドイツ) energisch〗 活力にあふれているさま。精力的。 「―な人」「―に動き回る」
  • エネルギッシュさ    雄勁; 力強さ
  • エネルギッシュな    energetic.
  • ギッシング    〖George Robert Gissing〗 (1857-1903) イギリスの小説家。自身の悲惨な放浪生活を反映した写実的な小説を書いた。代表作「ヘンリー=ライクロフトの手記」「新三文文士街」
  • あぶら    【油・脂・膏】 (1)動物の組織や植物の種子あるいは石油・石炭などの鉱物から抽出される,水に溶けにくく燃えやすい物質。食用・灯火・減摩剤・燃料など多くの用途がある。 (2)特に,動植物の脂肪・油脂。一般に各種の高級脂肪酸のグリセリン-エステルからなる。 〔常温で液体のものを「油」,固体のものを「脂」,特に肉の脂肪を「膏」と書く〕 (3)活動の原動力となるもの。 「―が切れた」 (4)人の皮膚か
  • あげあぶら    【揚(げ)油】 揚げ物に使う食用油。大豆油・菜種油・ごま油など。
  • あげ-あぶら    [3] 【揚(げ)油】揚げ物に使う食用油。大豆油・菜種油・ごま油など。
  • あぶらあか    【油垢・脂垢】 脂肪分がしみついた衣服の垢。
  • あぶらあげ    【油揚(げ)】 (1)豆腐を薄く切って油で揚げた食品。あぶらげ。あげ。揚げ豆腐。 (2)油で揚げること。
  • あぶらあし    【脂足】 脂肪の分泌が多く,足の裏があぶらぎっている足。
  • あぶらあせ    【脂汗・膏汗】 (1)苦しい時などに出る,脂肪分のまじった汗。 「―を流す」 (2)暑い時,じっとりと体ににじみ出る汗。
  • あぶらいし    【油石】 (1)灰黒色でつやのある滑らかな石。 (2)米の中にまざっている黄色の小石。 (3)石炭の異名。