简体版 繁體版
登録 ログイン

あぶら-ざ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【油座】

    中世,荏胡麻(エゴマ)などを原料とする油製造および販売を行なった商人の座。山城の大山崎油座が有名。

  • あぶら    【油・脂・膏】 (1)動物の組織や植物の種子あるいは石油・石炭などの鉱物から抽出される,水に溶けにくく燃えやすい物質。食用・灯火・減摩剤・燃料など多くの用途がある。 (2)特に,動植物の脂肪・油脂。一般に各種の高級脂肪酸のグリセリン-エステルからなる。 〔常温で液体のものを「油」,固体のものを「脂」,特に肉の脂肪を「膏」と書く〕 (3)活動の原動力となるもの。 「―が切れた」 (4)人の皮膚か
  • あげあぶら    【揚(げ)油】 揚げ物に使う食用油。大豆油・菜種油・ごま油など。
  • あげ-あぶら    [3] 【揚(げ)油】揚げ物に使う食用油。大豆油・菜種油・ごま油など。
  • あぶらあか    【油垢・脂垢】 脂肪分がしみついた衣服の垢。
  • あぶらあげ    【油揚(げ)】 (1)豆腐を薄く切って油で揚げた食品。あぶらげ。あげ。揚げ豆腐。 (2)油で揚げること。
  • あぶらあし    【脂足】 脂肪の分泌が多く,足の裏があぶらぎっている足。
  • あぶらあせ    【脂汗・膏汗】 (1)苦しい時などに出る,脂肪分のまじった汗。 「―を流す」 (2)暑い時,じっとりと体ににじみ出る汗。
  • あぶらいし    【油石】 (1)灰黒色でつやのある滑らかな石。 (2)米の中にまざっている黄色の小石。 (3)石炭の異名。
  • あぶらいろ    【油色】 菜種油の色。赤みがかった黄色で,すきとおった感じの色。
  • あぶらうり    【油売り】 (1)灯火用の油を売り歩いた行商人。 (2)怠け者。
  • あぶらえ    【油絵】 西洋絵画の一種。油絵の具で,木の板やカンバスなどに描いた絵。
  • あぶらかす    【油糟】 俳諧論書。長頭丸(チヨウズマル)(松永貞徳)著。1643年刊。「新増犬筑波集」の上巻。「犬筑波集」の前句を借り,自派の付句の方法を示したもの。巻末の俳諧式目和歌十首の精神は,後続の俳諧式目の基礎をなした。 ; 【油粕・油糟】 (1)大豆・菜種などから油分をしぼり取った残りかす。飼料・肥料とする。 (2)書名(別項参照)。
  • あぶらがに    【油蟹】 イワガニの異名。
  • あぶらがみ    【油紙】 桐油(トウユ)または荏油(エノアブラ)を塗った防水用の和紙,または渋紙。雨具・医療用・荷造り用などとする。桐油紙。油紙(ユシ)。
  • あぶらがや    【油茅・油萱】 カヤツリグサ科の大形多年草。各地の湿地に自生。高さ1メートルあまり。葉は線形で,光沢がある。秋,多数に分枝した花柄に茶褐色の小穂をつける。ナキリ。カニガヤ。