简体版 繁體版
登録 ログイン

あほう-づら 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アハウ― [0] 
    【阿呆面】

    愚かな顔つき。まのぬけた顔つき。馬鹿面。

  • あほうづら    【阿呆面】 愚かな顔つき。まのぬけた顔つき。馬鹿面。
  • あほう    【阿呆・阿房】 〔近世以降「あほ」とも。「阿呆」「阿房」は当て字〕 (1)愚かなさま。また,愚かな行動,愚かな人。ばか。 「―な奴」「―なことをする」「―を言う」 (2)人をののしっていう語。ばか。たわけ。 「この―め」 ﹛派生﹜——さ(名) ――に付ける薬なし 愚かな者を教え導く方法はない。ばかに付ける薬はない。 ――の三杯汁(サンバイジル) 汁を三杯も飲むのは作法知らずのばかだ。ばかの三杯
  • あほうぐち    【阿呆口】 ばかげたことを言うこと。 「よい酒飲んで―たたき/浮世草子・好色万金丹」
  • あほうどり    【信天翁・阿房鳥】 (1)ミズナギドリ目アホウドリ科の海鳥の総称。海鳥としては最大。北半球ではアホウドリ・コアホウドリ・クロアシアホウドリの三種が生息する。いずれも太平洋の小島で集団繁殖する。アルバトロス。 (2)アホウドリ{(1)}の一種。体は白色で,翼と尾は黒色。全長約1メートル。体重約7キログラム内外,翼を開くと3メートルに達する。伊豆諸島の鳥島および尖閣列島でのみ繁殖する。羽毛業者によ
  • あほう-くさ・い    アハウ― [5] 【阿呆臭い】 (形)ばからしい。ばかくさい。あほくさい。「そんな―・いこと,だれがするものか」
  • あほう-ぐち    アハウ― 【阿呆口】ばかげたことを言うこと。「よい酒飲んで―たたき/浮世草子・好色万金丹」
  • あほう-どり    アハウ― [2] 【信天翁・阿房鳥】(1)ミズナギドリ目アホウドリ科の海鳥の総称。海鳥としては最大。北半球ではアホウドリ・コアホウドリ・クロアシアホウドリの三種が生息する。いずれも太平洋の小島で集団繁殖する。アルバトロス。(2)アホウドリ{(1)}の一種。体は白色で,翼と尾は黒色。全長約1メートル。体重約7キログラム内外,翼を開くと3メートルに達する。伊豆諸島の鳥島および尖閣列島でのみ繁殖する
  • あほう-ばらい    アハウバラヒ [4] 【阿房払い】江戸時代,武士の刀をとりあげ,または丸裸にして追放する刑。
  • あほうくさい    【阿呆臭い】 ばからしい。ばかくさい。あほくさい。 「そんな―・いこと,だれがするものか」
  • あほうばらい    【阿房払い】 江戸時代,武士の刀をとりあげ,または丸裸にして追放する刑。
  • こあほうどり    【小信天翁】 ミズナギドリ目アホウドリ科の鳥。アホウドリよりやや小形。体と翼下面は白色で,背と翼上面は黒色。冬はハワイ・小笠原などの亜熱帯の島々で集団繁殖し,夏に日本近海でよく見られる。
  • こ-あほうどり    ―アハウドリ [3] 【小信天翁】ミズナギドリ目アホウドリ科の鳥。アホウドリよりやや小形。体と翼下面は白色で,背と翼上面は黒色。冬はハワイ・小笠原などの亜熱帯の島々で集団繁殖し,夏に日本近海でよく見られる。
  • あほ    痴愚; 愚かさ; 鈍ま; 鈍物; 半ぱ; うっそり; 浅短; 足りない; とんま; 盆暗; うすのろ; 脳たりん; 白癡; 愚昧; 馬鹿さ; 拙い; ばか; たわいなさ; 阿呆; 取替え子; 愚陋; 浅墓; うすばか; 戯者; 迂拙; ぽんつく; おたんちん; 馬鹿野郎; とろい; 虚け; お人よし; 遅鈍; 莫迦さ; 頓馬; 虚け者; 薄ぼんやり; 薄鈍; 愚; 痴人; 三太郎; 戯け; 抜
  • こうあほうこうび    【興亜奉公日】 国民精神総動員運動の一環として実施された生活規制。1939年(昭和14)9月1日から毎月一日をあて,料理飲食店での飲酒を禁止するなどした。
  • あほ-たれ    [4][0] 【阿呆垂れ】ばか者。愚か者。ばかたれ。