简体版 繁體版
登録 ログイン

あまこ-かつひさ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【尼子勝久】
    (1553-1578) 戦国時代の武将。尼子氏再興のため,遺臣山中鹿之介らに擁立されて毛利氏と戦ったが,毛利軍に攻囲されて自刃。

  • あまこかつひさ    【尼子勝久】 (1553-1578) 戦国時代の武将。尼子氏再興のため,遺臣山中鹿之介らに擁立されて毛利氏と戦ったが,毛利軍に攻囲されて自刃。
  • あまこ-つねひさ    【尼子経久】(1458-1541) 戦国時代の武将。出雲守護代。山陽一帯に勢力を伸ばしたが,大内義興およびそれに与(クミ)した毛利元就によって拡大を阻止された。
  • あまこ-はるひさ    【尼子晴久】(1514-1562) 戦国時代の大名。経久の孫。大内・毛利両軍をよく制し,山陰一帯を制圧,尼子氏の勢威を再興した。
  • あまこつねひさ    【尼子経久】 (1458-1541) 戦国時代の武将。出雲守護代。山陽一帯に勢力を伸ばしたが,大内義興およびそれに与(クミ)した毛利元就によって拡大を阻止された。
  • あまこはるひさ    【尼子晴久】 (1514-1562) 戦国時代の大名。経久の孫。大内・毛利両軍をよく制し,山陰一帯を制圧,尼子氏の勢威を再興した。
  • あまこ    【尼子】 姓氏の一。
  • せいかつひ    【生活費】 生活に要する費用。生計費。
  • あまこう    【阿媽港・亜媽港】 「天川(アマカワ)」に同じ。
  • あまこと-うた    【天語歌】あまがたりうた
  • やべ-ひさかつ    【矢部長克】(1878-1969) 地質学者。東京生まれ。東大卒。東北大学教授。層序・古生物・構造地質などを研究し,日本の地質学の発展に大きく貢献。糸魚川-静岡構造線を提唱。
  • あまつひつぎ    【天つ日嗣】 皇位の継承。また,皇位。あまのひつぎ。 「天つ神の御子の―/古事記(上訓)」
  • あまことうた    【天語歌】 ⇒あまがたりうた(天語歌)
  • やべひさかつ    【矢部長克】 (1878-1969) 地質学者。東京生まれ。東大卒。東北大学教授。層序・古生物・構造地質などを研究し,日本の地質学の発展に大きく貢献。糸魚川-静岡構造線を提唱。
  • かつらぎ-の-そつひこ    【葛城襲津彦】かずらきのそつひこ
  • さいてい-せいかつひ    ―セイクワツ― [8] 【最低生活費】健康で文化的な最低限度の生活を営むために必要とされる生活費。その基準は国や時代により異なる。