简体版 繁體版
登録 ログイン

あまちょろい 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【甘ちょろい】
    「あまっちょろい」に同じ。
    「考え方が―・い」

  • あまっちょろい    【甘っちょろい】 〔「あまちょろい」の促音添加〕 考え方などが,きびしさがなく安易である。 「―・い考え方」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • ちょろい    (1)考え方などが安易だ。浅薄だ。甘っちょろい。 「簡単にだまされるとは,彼もずいぶん―・い男だ」「そんな―・い手に乗るものか」 (2)容易だ。簡単だ。 「こんなテストぐらい―・いもんだ」 (3)取るに足りない。つまらない。 「霊仏霊宝さへ残らず焼けたるに,此の―・い挟箱一つ残りたるは/浮世草子・好色万金丹」 (4)なまぬるい。てぬるい。 「―・い穿鑿(センサク)/浮世草子・好色万金丹」 ﹛派
  • 甘ちょろい    あまちょろい ④ 「あまっちょろい」に同じ。 「考え方が―・い」
  • あま-ちょろ・い    [4] 【甘ちょろい】 (形)「あまっちょろい」に同じ。「考え方が―・い」
  • 甘っちょろい    あまっちょろい ⑤◎ 〔「あまちょろい」の促音添加〕 考え方などが,きびしさがなく安易である。 「―・い考え方」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • 生っちょろい    なまっちょろい ⑤ 徹底していない。厳しさが足りない。 「そんな―・いやり方ではだめだ」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • あまっ-ちょろ・い    [5][0] 【甘っちょろい】 (形)(「あまちょろい」の促音添加)考え方などが,きびしさがなく安易である。「―・い考え方」[派生] ――さ(名)
  • なまっちょろい    【生っちょろい】 徹底していない。厳しさが足りない。 「そんな―・いやり方ではだめだ」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • ちょろ-ちょろ    [1] (副)スル(「と」を伴っても用いる)(1)わずかな水の流れるさま。「水が―(と)流れる」(2)小さいものがすばやく動き回るさま。「ねずみが―(と)逃げる」「子供たちが目の前を―(と)する」(3)小さな物が動いたり,揺れたりするさま。「まだ炎が―(と)出ている」
  • ちょろ    関西で,猪牙船(チヨキブネ)のこと。
  • まち-じょろう    ―ヂヨラウ 【待ち女郎】婚礼のとき,戸口で新婦を迎えて家に導き入れ,付き添って世話をする女。待ち女房。
  • ちょろちょろ    (「と」を伴っても用いる) (1)わずかな水の流れるさま。 「水が―(と)流れる」 (2)小さいものがすばやく動き回るさま。 「ねずみが―(と)逃げる」「子供たちが目の前を―(と)する」 (3)小さな物が動いたり,揺れたりするさま。 「まだ炎が―(と)出ている」
  • まちじょろう    【待ち女郎】 婚礼のとき,戸口で新婦を迎えて家に導き入れ,付き添って世話をする女。待ち女房。
  • あまちこい    【甘ちこい】 〔近世語〕 考え方があまえている。手ぬるい。 「―・い減らず口聞いて居るぬしでないぞえ/浄瑠璃・鬼一法眼」
  • あまちこ・い    【甘ちこい】 (形)(近世語)考え方があまえている。手ぬるい。「―・い減らず口聞いて居るぬしでないぞえ/浄瑠璃・鬼一法眼」