简体版 繁體版
登録 ログイン

あまつみおや 意味

読み方:
"あまつみおや"の英語

意味モバイル版携帯版

  • 【天つ御祖】
    天皇の先祖という天上の神。皇祖。
    「我が―彦火瓊瓊杵尊(ヒコホノニニギノミコト)に授けたまへり/日本書紀(神武訓)」

  • あまつ-みおや    【天つ御祖】天皇の先祖という天上の神。皇祖。「我が―彦火瓊瓊杵尊(ヒコホノニニギノミコト)に授けたまへり/日本書紀(神武訓)」
  • あまつつみ    【天つ罪】 (1)古代の罪の概念の一。共同体の農耕に関する不法行為やタブー。延喜式によれば,畔(ア)放ち・溝埋め・樋(ヒ)放ち・重(シキ)播(マ)き・串(クシ)刺し・生け剥(ハ)ぎ・逆剥(ハ)ぎ・糞戸(クソヘ)の八種。 ⇔国つ罪 (2)朝廷による処罰。 「恭(ツツシ)みて―を行へ/日本書紀(継体訓)」
  • あまつみず    【天つ水】 ※一※ (名) 天上の水。雨。 「―仰ぎてそ待つ/万葉 4122」 ※二※ (枕詞) 日照りに雨を待つ意で,「仰ぎて待つ」にかかる。 「―仰ぎて待つに/万葉 167」
  • あまつ-つみ    【天つ罪】(1)古代の罪の概念の一。共同体の農耕に関する不法行為やタブー。延喜式によれば,畔(ア)放ち・溝埋め・樋(ヒ)放ち・重(シキ)播(マ)き・串(クシ)刺し・生け剥(ハ)ぎ・逆剥(ハ)ぎ・糞戸(クソヘ)の八種。国つ罪(2)朝廷による処罰。「恭(ツツシ)みて―を行へ/日本書紀(継体訓)」
  • あまつみかど    【天つ御門】 皇居の門。また,皇居。 「ひさかたの―を恐(カシコ)くも/万葉 199」
  • あまつみこと    【天つ尊】 天照大神(アマテラスオオミカミ)のこと。 「岩戸あけし―のそのかみに/御裳濯川歌合」
  • おおやまつみ-の-かみ    オホヤマツミ― 【大山祇神】山を支配する神。記紀神話で木花之開耶姫(コノハナノサクヤビメ)の父と伝える。
  • みおや    【御祖】 親や先祖を敬っていう語。多く,母・祖母をさす。 「我が遠つ―の世に/日本書紀(孝徳)」
  • おおやまつみのかみ    【大山祇神】 山を支配する神。記紀神話で木花之開耶姫(コノハナノサクヤビメ)の父と伝える。
  • つみおくり    【積み送り品】a shipment;a consignment.積み送り人 a shipper;a consignor.
  • つみおろし    【積(み)降ろし・積(み)卸し】 貨物を船や車などに,積んだり降ろしたりすること。 「貨物を―する」
  • おおみおや    【大御祖】 〔「おお」「み」ともに接頭語〕 天皇の御母。 「文には則ち皇太夫人,語には則ち―とし/続紀(神亀一)」
  • すめみおや    【皇御祖】 天皇の親や祖先。特に,母親をさしていう。皇祖。 「吉備島―の命(ミコト)/日本書紀(皇極訓)」
  • すめ-みおや    【皇御祖】天皇の親や祖先。特に,母親をさしていう。皇祖。「吉備島―の命(ミコト)/日本書紀(皇極訓)」
  • ちのみおや    【乳飲み親】 ⇒乳親(チオヤ)(2)