简体版 繁體版
登録 ログイン

あまん-じゃく 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [2] 
    【天ん邪鬼】

    「あまのじゃく」の転。

  • あまんじゃく    【天ん邪鬼】 「あまのじゃく」の転。
  • あま-の-じゃく    [3] 【天の邪鬼】((2)が原義)(1)人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者。つむじまがり。あまのじゃこ。(2)昔話に悪者として登場する鬼。「瓜子姫」に出るものが有名。記紀神話の天探女(アマノサグメ)に由来するともいわれる。(3)仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼。また,毘沙門天(ビシヤモンテン)が腹部に付けている鬼面。(4)鳥キタタキの別名。
  • あまのじゃく    【天の邪鬼】 〔(2)が原義〕 (1)人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者。つむじまがり。あまのじゃこ。 (2)昔話に悪者として登場する鬼。「瓜子姫」に出るものが有名。記紀神話の天探女(アマノサグメ)に由来するともいわれる。 (3)仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼。また,毘沙門天(ビシヤモンテン)が腹部に付けている鬼面。 (4)鳥キタタキの別名。
  • ひゃくまんちょうじゃ    【百万長者】 多くの富を所有する人。大金持ち。
  • ひゃくまん-ちょうじゃ    ―チヤウ― [5] 【百万長者】多くの富を所有する人。大金持ち。
  • じゃ-まん    [0] 【邪慢】(仏) 徳がないのに,あるといってたかぶっている心。
  • じゃく-じゃく    [0] 【寂寂】 (ト|タル)[文]形動タリ(1)静かでさびしいさま。「―として物音一つ聞こえない」「四囲(アタリ)を見れば―寞々/いさなとり(露伴)」(2)無念無想のさま。「心に妄想を払て,―としてぞ居たりける/太平記 20」
  • あまんじる    【甘んじる】 〔サ変動詞「あまんずる」の上一段化した語〕 「あまんずる」に同じ。 「清貧に―・じる」
  • あまんず    【甘んず】 ⇒あまんずる
  • あまんずる    【甘んずる】 〔「あまみする」の転〕 与えられたものが不十分であっても,それを受け入れる。甘んじる。 「薄給に―・ずる」「寧ろ自分は平凡なる生活に―・ずる/田舎教師(花袋)」
  • あまん・じる    [4][0] 【甘んじる】 (動ザ上一)(サ変動詞「あまんずる」の上一段化した語)「あまんずる」に同じ。「清貧に―・じる」
  • あまん・ず    【甘んず】 (動サ変)あまんずる
  • あまん・ずる    [4][0] 【甘んずる】 (動サ変)[文]サ変 あまん・ず(「あまみする」の転)与えられたものが不十分であっても,それを受け入れる。甘んじる。「薄給に―・ずる」「寧ろ自分は平凡なる生活に―・ずる/田舎教師(花袋)」
  • じゃく    【弱】 ※一※ ① (名) よわいこと。 ⇔強 ※二※ (接尾) 数量を表す名詞に付いて,端数を切り上げた数字であることを表す。足らず。 ⇔強 「二か月―」 ; 【寂】 ※一※ (名) 〔仏〕 (1)煩悩(ボンノウ)を離れ,悟りに達すること。涅槃(ネハン)。 (2)僧侶の死を表す語。死亡の年月日の下に付けて用いる。 「昭和一〇年―」 ※二※ (ト|タル) 静かなさま。せき。 「広い家の中―とし
  • じゃくじゃく    【寂寂】 (1)静かでさびしいさま。 「―として物音一つ聞こえない」「四囲(アタリ)を見れば―寞々/いさなとり(露伴)」 (2)無念無想のさま。 「心に妄想を払て,―としてぞ居たりける/太平記 20」