简体版 繁體版
登録 ログイン

あま-て・る 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【天照る】
     (動ラ四)
    天にあって輝く。空で照る。「ひさかたの―・る月は神代にか/万葉 1080」

  • あま・る    [2] 【余る】 (動ラ五[四])(1)必要な数量を引いたあとにまだ残りがある。「会費が―・る」(2)数量がある基準を上回る。「千人に―・る希望者」「背丈に―・る深さ」(3)余分にありすぎたために,かえって悪い結果になる。「勢い―・ってひっくり返る」「かわいさ―・って憎さ百倍」(4)限度・程度を超えている。「手に―・る難題」「目に―・る振る舞い」「身に―・る光栄」「田舎人の歌にては―・れりや足
  • て∘る    (連語)(「ている」の転。話し言葉でのくだけた言い方。上に来る語によって「でる」ともなる)動作・作用が継続・進行している意を表す。「君の言うことはよくわかっ―∘るよ」「いま,手紙を書い―∘るところです」「本を読んで∘る最中です」
  • て・る    [1] 【照る】 (動ラ五[四])(1)太陽や月が光を放つ。「月が皓々(コウコウ)と―・っている」(2)晴天になる。「―・っても降っても決行します」「―・る日,曇る日」(3)美しく輝く。「島山に―・れる橘/万葉 4276」「―・りて立てるは愛(ハ)しき誰が妻/万葉 4397」(4)(「面(オモテ)照る」の略)能で,顔をやや仰向(アオム)けにして,喜びの感情を表現する型をいう。曇る(「照らす」に
  • て-あま・す    [3] 【手余す】 (動サ五[四])自分の力にあまる。もてあます。「仕事ヲ―・ス/ヘボン(三版)」
  • あまり-あ・る    【余り有る】 (連語)(1)十分である。十分に余裕がある。「実験の成功は苦難を補って―・る」(2)十分にし尽くせない。「想像に―・る苦しみ」
  • あま-かけ・る    【天翔る】 (動ラ四)(「あまがける」とも)大空をかけめぐる。主として神や人の霊についていう。「ひさかたの天のみ空ゆ―・り見渡したまひ/万葉 894」
  • あま-ぎ・る    【天霧る】 (動ラ四)雲や霧などがかかって,空が曇る。「花の色に―・る霞立ちまよひ/新古今(春下)」
  • あま-くだ・る    [0][4] 【天下る・天降る】 (動ラ五[四])(1)神が,天上の神の世界から地上の人間界におりる。(2)高級官僚が官庁を退職して,関連のある民間会社の高い地位につく。「関連企業に―・る」[可能] あまくだれる
  • あま-そそ・る    【天聳る】 (動ラ四)天高くそびえ立つ。そそり立つ。「―・り高き立山/万葉 4003」
  • あり-あま・る    [4][0] 【有り余る】 (動ラ五[四])必要以上にたくさんある。余るほど豊富にある。「―・る才能をもつ男」
  • おもい-あま・る    オモヒ― [5] 【思い余る】 (動ラ五[四])あれこれ考えたがどうしてもよい考えが浮かばない。思案にあまる。現代語では,多く「思い余って」の形で用いる。「―・って上司に相談する」「をとこ,臥して思ひ,起きて思ひ,―・りて/伊勢 56」
  • こい-あま・る    コヒ― 【恋ひ余る】 (動ラ四)恋するあまり,それが表に現れでる。「隠(コモ)り沼(ヌ)の下ゆ―・り白波のいちしろく出でぬ人の知るべく/万葉 3935」
  • なり-あま・る    【成り余る】 (動ラ四)出来上がって余りがある。「我が身は成り成りて―・れる処一処あり/古事記(上訓)」
  • おし-て・る    【押し照る】 (動ラ四)一面に照る。「わが宿に月―・れり/万葉 1480」
  • て-あ・る    (連語)(接続助詞「て」に補助動詞「ある」の付いたもの)ある