简体版 繁體版
登録 ログイン

あみそ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【網麻】
    網をすく材料として用いる麻糸。

  • みそ    【三十】 さんじゅう。多く他の語と複合して用いる。 「―一文字(ヒトモジ)」「―日((ミソカ))」「十(トオ)・二十(ハタ)・―・四十(ヨソ)などかぞふるさま/源氏(空蝉)」 ; 【味噌】 (1)調味料の一。蒸した大豆に食塩と麹(コウジ)を加え,大豆タンパク質を分解させて作ったもの。豆麹を使った豆味噌,麦麹を使った麦味噌,米麹を使った米味噌がある。古くに大陸から伝わり,米食に合った調味料とし
  • あみ    【醤蝦・糠蝦】 甲殻綱アミ目のエビに似た節足動物の一群の総称。体長1~2センチメートル。体は透明。雌には哺育嚢(ホイクノウ)がある。ほとんどが海産で,日本近海で約一三〇種が知られるが,汽水・淡水にすむ種もある。飼料や釣りのまき餌にしたり,塩辛・佃煮(ツクダニ)など食用にする。 ; 【阿弥】 ⇒阿弥陀号(アミダゴウ) ; 【網】 (1)糸や針金などを編んで枡形(マスガタ)の目を表したもの。(ア)
  • あか-みそ    [0] 【赤味噌】赤褐色の味噌。大豆と米,あるいは麦に麹(コウジ)と食塩とを混合して熟成させたもの。普通,白味噌よりも辛口。仙台味噌・江戸味噌など。
  • あま-みそ    [0] 【甘味噌】塩味の薄い味噌。辛味噌
  • いみそ    【意味素】 ⇒意義素(イギソ)(2)
  • うお-みそ    ウヲ― [0][3] 【魚味噌】鯛(タイ)などの魚肉を加えて加工した練り味噌。
  • うみそ    【績麻】 ⇒うみお(績麻)
  • えど-みそ    [0] 【江戸味噌】近世から明治にかけて,江戸で作られた味噌。塩味が薄く,短期間ででき上がる。
  • おに-みそ    [0] 【鬼味噌】(1)トウガラシで辛みを加えた焼き味噌。とうがらし味噌。(2)うわべは強そうに見えて,実は弱い者のたとえ。「十王みぢんの―ども,当たるを幸い踏みちらし/滑稽本・根南志具佐」
  • かき-みそ    [0] 【牡蠣味噌】なめ味噌の一種。牡蠣のむき身を煮てすりつぶし,うらごしにした味噌と砂糖を加えて練り合わせた食品。
  • かに-みそ    [0] 【蟹味噌】カニの甲羅の中にあるわたのこと。
  • かむ-みそ    【神御衣】(「かんみそ」とも)神が着る衣服。また,神にささげる衣服。
  • かや-みそ    [0] 【榧味噌】榧の実を炒(イ)って渋皮をとり,すりつぶして胡麻(ゴマ)・砂糖などと味噌に混ぜ合わせたもの。
  • から-みそ    [0] 【辛味噌】塩味の濃い味噌。甘味噌
  • かん-みそ    【神御衣】「かむみそ(神御衣)」に同じ。