简体版 繁體版
登録 ログイン

あめ-ひと 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【天人】
    (1)天上界の人。てんにん。あまびと。「―の妻問ふ夕(ヨイ)ぞ我も偲はむ/万葉 2090」
    (2)都の人。「鄙の奴に―しかく恋ひすらば/万葉 4082」
    (3)天つ神の血を引く人。大和朝廷の統治下にある者。「若し―のけぶりにあらば,来て我が上を覆へ/常陸風土記」

  • ひと-あめ    [2] 【一雨】一回の降雨。また,ひとしきり降る雨。「―ごとに暖かくなる」「―欲しい」「―来そうだ」――ありそう 何か事件や騒動が起こりそうだ。悪いことが起こらずには済みそうもない。
  • あめひと    【天人】 (1)天上界の人。てんにん。あまびと。 「―の妻問ふ夕(ヨイ)ぞ我も偲はむ/万葉 2090」 (2)都の人。 「鄙の奴に―しかく恋ひすらば/万葉 4082」 (3)天つ神の血を引く人。大和朝廷の統治下にある者。 「若し―のけぶりにあらば,来て我が上を覆へ/常陸風土記」
  • ひとあめ    【一雨】 一回の降雨。また,ひとしきり降る雨。 「―ごとに暖かくなる」「―欲しい」「―来そうだ」 ――ありそう 何か事件や騒動が起こりそうだ。悪いことが起こらずには済みそうもない。
  • あめ    【鯇】 ビワマスの異名。[和名抄] ; 【雨】 (1)空から降ってくる水滴。大気中の水蒸気が高所で気温冷却により凝結し水滴となって落ちてくるもの。 「―がやむ」「―に煙る」「恵みの―」 (2)(雨のように)絶え間なく降りそそぐもの。 「涙の―」「弾丸の―」 〔複合語をつくる場合「あま」「さめ」となることがある。「あまぐ(雨具)」「あまぐも(雨雲)」「はるさめ(春雨)」など〕 ――が降ろうが槍(
  • ひと    【費途】 金銭の使いみち。使途。 ; 【一】 (1)数の,ひとつ。いち。 (2)他の名詞や動詞の連用形の上に付いて接頭語的に用いる。(ア)「ひとつ」または「一回」の意を表す。 「―房(フサ)」「―そろい」「―たび」(イ)全体に及ぶさまを表す。全。「―夏」「―町」「―かかえ」(ウ)軽く一回動作を行うさまを表す。ちょっとの。「―またぎ」「―風呂浴びる」「―目会いたい」(エ)一定の期間,物事がかなり
  • あさ-あめ    [3] 【朝雨】朝降る雨。――馬に鞍(クラ)置け 朝雨はすぐにあがるものだから,馬に鞍を置いて外出の用意をしておけ,の意。――に傘(カサ)要(イ)らず 朝雨はすぐにあがるものだから,傘の用意はいらない,の意。――は女の腕まくり 朝雨はすぐにあがるものだから,女の腕まくりと同様,大して気にかけることはない。
  • あめく    【叫く】 わめく。叫ぶ。 「そこら集りたる大衆,異口同音に―・きて/宇治拾遺 5」
  • あめに    【飴煮】 煮汁に水飴などを加えて魚などを甘辛く煮ること。また,その料理。あめだき。 →甘露煮
  • あめの    【天の】 天にある。天の。天上界に所属する。 〔「あまの」と読みならわされている語は「あまの(天の)」の子項目とした〕 →あまの
  • あめま    【雨間】 ⇒あまま(雨間)
  • あめや    【飴屋】 飴を作る,または売る家。また,その人。
  • あめゆ    【飴湯】 飴を湯で煮とかして,肉桂などを入れたもの。胃腸の薬とされ,夏の飲み物。﹝季﹞夏。
  • あめり    〔「あんめり」の撥音「ん」の無表記〕 あるようだ。あるらしい。 「とばかり,ほのかにぞ―める/源氏(蛍)」
  • あめ・く    【叫く】 (動カ四)わめく。叫ぶ。「そこら集りたる大衆,異口同音に―・きて/宇治拾遺 5」
  • あめ色    飴色; 狐; 枯色; 黄褐色; 枯れ色; 狐色; 飴; あめ