简体版 繁體版
登録 ログイン

あやしむ 意味

読み方:
"あやしむ"の例文"あやしむ"の英語"あやしむ"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【怪しむ】
    〔形容詞「あやし」の動詞化〕
    ※一※ (動マ五[四])
    あやしいと思う。不思議に思う。変だと思う。疑う。
    「受付で―・まれる」「―・むにたりない」
    ※二※ (動マ下二)
    {※一※}に同じ。
    「此勢一所に集らば,人に―・めらるべし/太平記 24」

  • あやし    【怪し】 ⇒あやしい
  • いやしむ    【卑しむ・賤しむ】 ※一※ (動マ五[四]) 「いやしめる」に同じ。 「さもしい根性を―・む」 ※二※ (動マ下二) ⇒いやしめる
  • くやしむ    【悔しむ】 くやしく思う。くやしぶ。 「孰(タレ)にかも我が問ひさけむ―・み惜(アタラシ)み/続紀(宝亀二宣命)」
  • あやしい    【怪しい】 □一□十分に納得のいかないようす。 (1)普通と違っていて変だ。異様だ。不審だ。 「挙動の―・い男」 (2)正体がわからなくて気味が悪い。 「―・い人影」「―・い物音」 (3)(「妖しい」とも書く)神秘的な力がある。不可思議だ。 「―・い魔力」「目が―・く輝く」 (4)後ろ暗いところがありそうだ。疑わしい。 「刑事が―・いとにらんだ男」 (5)確実かどうか,はっきりしない。信用がで
  • あやしげな    【怪しげな】[奇怪な]strange;dubious;suspicious(-looking);doubtful;[不確かな]uncertain;unsteady<step> ;broken<English> .
  • あやしばむ    【怪しばむ】 怪しい様子をしている。 「―・うだるものの見えつる/平家 12」
  • あやしば・む    【怪しばむ】 (動マ四)怪しい様子をしている。「―・うだるものの見えつる/平家 12」
  • あやしぶ    【怪しぶ】 「あやしむ{※一※}」に同じ。 「相人驚きて,あまたたびかたぶき―・ぶ/源氏(桐壺)」
  • あやし・い    [0][3] 【怪しい】 (形)[文]シク あや・し□一□十分に納得のいかないようす。(1)普通と違っていて変だ。異様だ。不審だ。「挙動の―・い男」(2)正体がわからなくて気味が悪い。「―・い人影」「―・い物音」(3)(「妖しい」とも書く)神秘的な力がある。不可思議だ。「―・い魔力」「目が―・く輝く」(4)後ろ暗いところがありそうだ。疑わしい。「刑事が―・いとにらんだ男」(5)確実かどうか,は
  • あやし・ぶ    【怪しぶ】 (動バ四)「あやしむ{■一■}」に同じ。「相人驚きて,あまたたびかたぶき―・ぶ/源氏(桐壺)」
  • あやし・む    [3] 【怪しむ】(形容詞「あやし」の動詞化)■一■ (動マ五[四])あやしいと思う。不思議に思う。変だと思う。疑う。「受付で―・まれる」「―・むにたりない」■二■ (動マ下二){■一■}に同じ。「此勢一所に集らば,人に―・めらるべし/太平記 24」
  • あやしなだめる    すかす; そやす
  • しむ    【染む・沁む】 ※一※ ◎ (動マ五[四]) 「しみる」に同じ。 「秋風が身に―・む」「酒壺になりにてしかも酒に―・みなむ/万葉 343」「はちす葉のにごりに―・まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく/古今(夏)」「風も身に―・まず/平家 5」「わかれてふ事は色にもあらなくに心に―・みてわびしかるらむ/古今(離別)」 〔「染(シ)める」に対する自動詞〕 ※二※ (動マ上二) ⇒しみる ※三※ (動
  • あや    【漢】 古代の姓氏の一。中国からの渡来系氏族で,東漢(ヤマトノアヤ)・西漢(カワチノアヤ)の二氏があった。 ; 【文・綾】 (1)物の表面に表れたいろいろの形・色合い。模様。特に,斜交する線によって表された模様をいう。 「―を描く」 (2)斜めに交わること。また,そういう模様。 (3)言葉や文章の飾った言い回し。表現上の技巧。 「文章の―」 (4)物事の入り組んだ仕組み。すじみち。 「事件の―
  • やし    【香具師・野師・弥四】 縁日など人の集まる所に露店を出し,興行や物売りを業としている人。露天商の場所の割り当てや,世話をする人もいう。てきや。 ; 【野史】 (1)官命によらず在野の人が編纂(ヘンサン)した歴史書。私撰の歴史。外史。私史。野乗(ヤジヨウ)。 ⇔正史 (2)「大日本野史」の略称。 ; 〔間投助詞「や」に間投助詞「し」の付いたものから。上代語〕 文節末にあって,詠歎の意を表す。 「

例文

  • 人みなこれをあやしむ」(徳川実紀)とあるように毒殺説も有力である。
  • 上愛子村(かみあやしむら)は、1889年まで宮城県宮城郡にあった村である。
  • 僧が甲冑をきた姿をあやしむと、女は自分こそ女武者、巴であるとなのり、女の身ゆえ義仲と最期をともにできなかった恨みが成仏をさまたげていたのだと、義仲との思い出を語りはじめる。
  • 忌 (いむ) ・忍 (しのぶ) ・怒 (いかる) ・恐 (おそれる) ・恥 (はじらう) ・恋 (こい) ・悲 (かなしい) ・愁 (うれえる) ・慕 (したう) ・憂 (うれえる) ・怪 (あやしむ) ・怖 (こわい) ・悔 (くやむ) ・恨 (うらむ) ・惜 (おしむ) ・悼 (いたむ) ・愉 (たのしむ) ・憎 (にくむ) ・憤 (いきどおる) ・懐 (なつかしむ) 等々。