简体版 繁體版
登録 ログイン

あやつり 意味

読み方:
"あやつり"の例文"あやつり"の英語

意味モバイル版携帯版

  • 【操り】
    (1)「操り芝居」「操り人形」の略。
    (2)あやつること。あやつるしかけ。からくり。
    「賽(サイ)に―を仕出し,人を抜きて金銀を取る事/仮名草子・浮世物語」

  • あやつりざ    【操り座】 操り人形の芝居を上演する劇場。また,人形浄瑠璃芝居。
  • あやつり-ざ    [0] 【操り座】操り人形の芝居を上演する劇場。また,人形浄瑠璃芝居。
  • いと-あやつり    [3] 【糸操り】操り人形の一。人形を糸でつり下げて操るもの。近世初期,浄瑠璃と結びついて盛んに行われた。宝暦(1751-1764)以降衰微したが,明治にはいって九代目結城(ユウキ)孫三郎が再興。南京(ナンキン)操り。吊(ツ)り人形。
  • あやつり人形    傀儡; マリオネット; 偶人; 人形
  • あやつり-さんば    【操三番】歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「柳糸引御摂(ヤナギノイトヒクヤゴヒイキ)」。篠田瑳助(シノダサスケ)作詞。五世杵屋(キネヤ)弥十郎作曲。1853年江戸河原崎座初演。三番叟(サンバソウ)を糸操りの人形に,翁(オキナ)と千歳(センザイ)をぜんまい人形に模して踊るもの。三番叟は後見に操られて踊る。のちに翁と千歳は普通の踊りに直された。
  • あやつり-しばい    ―ヰ [5] 【操り芝居】人形を操作して演ずる芝居。また,特に人形浄瑠璃や,それを上演する劇場のこと。操り浄瑠璃。
  • いとあやつり    【糸操り】 操り人形の一。人形を糸でつり下げて操るもの。近世初期,浄瑠璃と結びついて盛んに行われた。宝暦(1751-1764)以降衰微したが,明治にはいって九代目結城(ユウキ)孫三郎が再興。南京(ナンキン)操り。吊(ツ)り人形。
  • あやつりさんば    【操三番】 歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「柳糸引御摂(ヤナギノイトヒクヤゴヒイキ)」。篠田瑳助(シノダサスケ)作詞。五世杵屋(キネヤ)弥十郎作曲。1853年江戸河原崎座初演。三番叟(サンバソウ)を糸操りの人形に,翁(オキナ)と千歳(センザイ)をぜんまい人形に模して踊るもの。三番叟は後見に操られて踊る。のちに翁と千歳は普通の踊りに直された。
  • あやつりしばい    【操り芝居】 人形を操作して演ずる芝居。また,特に人形浄瑠璃や,それを上演する劇場のこと。操り浄瑠璃。
  • あやつり-きょうげん    ―キヤウ― [5] 【操り狂言】操り芝居(シバイ)のこと。また,それを歌舞伎にうつした狂言。
  • あやつり-じょうるり    ―ジヤウ― [5] 【操り浄瑠璃】(1)「操り芝居」に同じ。(2)操り芝居で語られる浄瑠璃。義太夫節の類。
  • あやつり-にんぎょう    ―ギヤウ [5] 【操り人形】操り芝居に用いる人形。手遣い人形と糸操り人形とがある。また,その芝居。あやつり。
  • ナンキンあやつり    【南京操り】 糸操りの初期の称。江戸初期に始まり,寛文・延宝年間(1661-1681)に隆盛。
  • ナンキン-あやつり    [5] 【南京操り】糸操りの初期の称。江戸初期に始まり,寛文・延宝年間(1661-1681)に隆盛。
  • あやつりきょうげん    【操り狂言】 操り芝居(シバイ)のこと。また,それを歌舞伎にうつした狂言。

例文

  • お前に糸をつけ あやつり人形にしたのに
  • お前に糸をつけ あやつり人形にしたのに
  • 糸で手足を動かす あやつり人形です
  • 糸で手足を動かす あやつり人形です
  • 木のあやつり人形 起きなさい
  • 4点の重要事項があります 言葉を巧みにあやつり 知性に長けている この料金体系では受け入れられません
  • 擬態して、あやつり等の霊の犯罪を暴く。
  • あやつり人形とライブスチームが趣味。
  • 別名をあやつり人形仕掛花火とも言う。
  • この頃はあやつり人形をやっていた。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5