简体版 繁體版
登録 ログイン

あらいそ 意味

読み方:
"あらいそ"の例文"あらいそ"の英語"あらいそ"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【荒磯】
    波の荒い磯。また,岩石の多い磯。ありそ。

  • あらいそ-ぎれ    [4] 【荒磯裂】荒磯緞子
  • あらいそ-じま    【荒磯島】荒波が打ち寄せる島。「すさましき―にただ一人/謡曲・俊寛」
  • あらいそ-なみ    【荒磯波】荒磯に打ち寄せる波。ありそなみ。「岩こゆる―に立つ千鳥/千載(冬)」
  • あらいそぎれ    【荒磯裂】 ⇒荒磯緞子(ドンス)
  • あらいそじま    【荒磯島】 荒波が打ち寄せる島。 「すさましき―にただ一人/謡曲・俊寛」
  • あらいそなみ    【荒磯波】 荒磯に打ち寄せる波。ありそなみ。 「岩こゆる―に立つ千鳥/千載(冬)」
  • あらいそ-どんす    [5] 【荒磯緞子】波間に躍る鯉を金糸で織り出した緞子。名物裂。
  • あらいそどんす    【荒磯緞子】 波間に躍る鯉を金糸で織り出した緞子。名物裂。
  • あら-いそ    [0] 【荒磯】波の荒い磯。また,岩石の多い磯。ありそ。
  • あらい    【荒井】 姓氏の一。 ; 【新井】 新潟県南西部にある市。近世,北国街道と飯山街道の分岐点の宿場町。化学・機械産業が盛ん。 ; 【粗い】 〔「荒い」と同源〕 (1)まばらだ。すき間がある。 「目の―・い網」 (2)ざっと一通りするようす。おおざっぱだ。 「全体を―・く調べる」 (3)粗雑だ。 「試合運びが―・い」 (4)細かくない。大きい。 「つぶが―・い」 (5)ざらざらしている。ごつごつし
  • あらい-ざらい    アラヒザラヒ [4][0] 【洗い浚い】 (副)なにもかもすべて。残らず。「秘密を―うちあける」
  • あらいざらい    【洗い浚い】 なにもかもすべて。残らず。 「秘密を―うちあける」
  • あいそ-わらい    ―ワラヒ [4] 【愛想笑い】 (名)スル人の機嫌をとろうとする笑い。お世辞笑い。
  • うらいそ    【浦磯】 入り江の磯。 「浜びより―を見つつ/万葉 3627」
  • らいそん    【来孫】 自分より五代あとの子孫。玄孫の子。

例文

  • 荒磯(あらいそ)とは、波のうち寄せが激しい磯の事である。
  • 荒磯部屋(あらいそべや)は、日本相撲協会所属の相撲部屋。
  • 一般的には、あらいそと読むが、万葉集などではありそと読む。
  • なお、「れんげの里あらいそ」は、新磯ふれあいセンター・新磯こどもセンター・相模の大凧センターで構成される。
  • 神奈川県立新磯高等学校(かながわけんりつあらいそこうとうがっこう)は、神奈川県相模原市新戸にある県立高等学校。
  • 『私立荒磯高等学校生徒会執行部』(しりつあらいそこうとうがっこうせいとかいしっこうぶ)は、峰倉かずやによる漫画。
  • かつては荒磯屏風(あらいそびょうぶ)と呼ばれていたことがわかっており、大阪の住吉付近の海岸を書いたものと見られている。
  • 相模の大凧センター(さがみのおおたこセンター)は、神奈川県相模原市新戸2268-1に所在する相模原市立の複合施設「れんげの里あらいそ」内の施設の一つ。
  • 荒磯(あらいそ)とは、日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、通常は初代が四股名として名乗っていたものが多いが、荒磯はこれにも当たらず、その由来は定かではない。