简体版 繁體版
登録 ログイン

あらい-もの 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アラヒ― [0] 
    【洗い物】

    衣類・食器などの,洗わなければならない物。また,それを洗うこと。

  • あらいもの    【洗い物】 衣類・食器などの,洗わなければならない物。また,それを洗うこと。
  • あらい    【荒井】 姓氏の一。 ; 【新井】 新潟県南西部にある市。近世,北国街道と飯山街道の分岐点の宿場町。化学・機械産業が盛ん。 ; 【粗い】 〔「荒い」と同源〕 (1)まばらだ。すき間がある。 「目の―・い網」 (2)ざっと一通りするようす。おおざっぱだ。 「全体を―・く調べる」 (3)粗雑だ。 「試合運びが―・い」 (4)細かくない。大きい。 「つぶが―・い」 (5)ざらざらしている。ごつごつし
  • あら-もの    【荒者】荒々しい人。暴れ者。「希代の―にて悪禅師といひけり/平治(下・古活字本)」
  • あらい-ざらい    アラヒザラヒ [4][0] 【洗い浚い】 (副)なにもかもすべて。残らず。「秘密を―うちあける」
  • あらいざらい    【洗い浚い】 なにもかもすべて。残らず。 「秘密を―うちあける」
  • らい-もの    [0] 【来物】来(ライ)姓の刀工が鍛えた刀の総称。来
  • あくあらい    【灰汁洗い】 灰汁や洗剤で家屋などのよごれを洗い落とすこと。 「柱を―する」
  • あく-あらい    ―アラヒ [3] 【灰汁洗い】 (名)スル灰汁や洗剤で家屋などのよごれを洗い落とすこと。「柱を―する」
  • あしあらい    【足洗い】 (1)足を洗うこと。また,足を洗うたらいなど。 (2)足で踏んで布などを洗うこと。
  • あし-あらい    ―アラヒ [3] 【足洗い】(1)足を洗うこと。また,足を洗うたらいなど。(2)足で踏んで布などを洗うこと。
  • あらいおけ    【洗い桶】 食器や野菜を洗ったりするための桶。また,風呂場で体を洗うのに用いる桶をいう。
  • あらいかた    【洗い方】 (1)洗う方法。 (2)取り調べ。詮議。吟味。 「此の奉公人の―はおぬしがした/常磐津・三世相錦繍文章」
  • あらいかわ    【洗い革】 水に浸してよく練った白いなめし皮。また,薄紅色に染めたなめし皮。武具などを作るのに用いた。 「赤革威の鎧の袖,ながるる涙にすすがれて,―とや成ぬらん/保元(下)」
  • あらいがえ    【洗い替え】 衣服を洗濯したとき,代わりに着る衣服。
  • あらいがき    【洗柿】 柿色のさめたような色。また,薄い柿色。