简体版 繁體版
登録 ログイン

あらぼとけ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【新仏】
    死後初めての盆にまつられる死者の霊。新精霊(アラシヨウリヨウ)。新霊(アラミタマ)。

  • あら-ぼとけ    [3] 【新仏】死後初めての盆にまつられる死者の霊。新精霊(アラシヨウリヨウ)。新霊(アラミタマ)。
  • あみだ-ぼとけ    【阿弥陀仏】「阿弥陀{(1)}」に同じ。
  • いきぼとけ    【生き仏】 (1)生きたまま仏として崇拝される人。高徳の僧など。生き如来(ニヨライ)。生き菩薩(ボサツ)。 (2)〔死者を単に「仏」というのに対して〕 俗に,生きている人。
  • いき-ぼとけ    [3] 【生き仏】(1)生きたまま仏として崇拝される人。高徳の僧など。生き如来(ニヨライ)。生き菩薩(ボサツ)。(2)(死者を単に「仏」というのに対して)俗に,生きている人。
  • いしぼとけ    【石仏】 (1)石でつくった仏像。せきぶつ。 (2)感情を動かさない人。 「木仏(キブツ)金仏(カナブツ)―」 (3)いつも黙っている人。 「―も物を言う」
  • いし-ぼとけ    [3] 【石仏】(1)石でつくった仏像。せきぶつ。(2)感情を動かさない人。「木仏(キブツ)金仏(カナブツ)―」(3)いつも黙っている人。「―も物を言う」
  • いたぼとけ    【板仏】 板から切り抜き彩色した仏像。また,銅板に打ち出した仏像。
  • いた-ぼとけ    [3] 【板仏】板から切り抜き彩色した仏像。また,銅板に打ち出した仏像。
  • うしぼとけ    【牛仏】 仏が,仮に牛の姿になって現れたもの。 「関寺といふ所に―あらはれ給ひて/栄花(嶺の月)」
  • うし-ぼとけ    【牛仏】仏が,仮に牛の姿になって現れたもの。「関寺といふ所に―あらはれ給ひて/栄花(嶺の月)」
  • かけぼとけ    【懸(け)仏】 銅などの円板に仏像・神像の半肉彫の鋳像などを付けたもの。柱や壁にかけて礼拝したもので,平安後期に本地垂迹(ホンジスイジヤク)の思想から生まれ,鎌倉・室町時代に盛行した。 →御正体(ミシヨウタイ)
  • かけ-ぼとけ    [3] 【懸(け)仏】銅などの円板に仏像・神像の半肉彫の鋳像などを付けたもの。柱や壁にかけて礼拝したもので,平安後期に本地垂迹(ホンジスイジヤク)の思想から生まれ,鎌倉・室町時代に盛行した。御正体
  • かなぼとけ    【金仏】 金属製の仏像。かなぶつ。
  • かな-ぼとけ    [3] 【金仏】金属製の仏像。かなぶつ。
  • きぼとけ    【木仏】 ⇒きぶつ(木仏)