简体版 繁體版
登録 ログイン

あら-ばしり 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [3] 
    【新走り】

    「新酒(シンシユ)」に同じ。[季]秋。

  • あらばしり    【新走り】 「新酒(シンシユ)」に同じ。﹝季﹞秋。
  • あられ-ばしり    【阿良礼走り・霰走り・踏歌】(終わりに「万年(ヨロズヨ)あられ」と繰り返して歌いながら足早に退場することから)踏歌(トウカ)の異名。
  • あらればしり    【阿良礼走り・霰走り・踏歌】 〔終わりに「万年(ヨロズヨ)あられ」と繰り返して歌いながら足早に退場することから〕 踏歌(トウカ)の異名。
  • あばしり    【網走】 (1)北海道北東部の支庁。支庁所在地,網走市。 (2)北海道北東部の市。網走支庁所在地。オホーツク海に面する漁業基地・観光地。水産業が盛ん。
  • あまばしり    【雨走り】 兜(カブト)の目庇(マビサシ)の表面。
  • あま-ばしり    [3] 【雨走り】兜(カブト)の目庇(マビサシ)の表面。
  • いぬばしり    【犬走り】 (1)築地(ツイジ)の外側の,壁と溝との間に設けられた狭い地面。 (2)城郭の石垣または土塁の外側,堀との間に帯状に残された平面。また,塁の中腹に設けられた細長い階段。 (3)建物の軒下など,外壁に沿った周囲の地面を砂利やコンクリート敷きにして固めた部分。小段。 (4)小股にちょこちょこ走ること。
  • いぬ-ばしり    [3] 【犬走り】(1)築地(ツイジ)の外側の,壁と溝との間に設けられた狭い地面。(2)城郭の石垣または土塁の外側,堀との間に帯状に残された平面。また,塁の中腹に設けられた細長い階段。(3)建物の軒下など,外壁に沿った周囲の地面を砂利やコンクリート敷きにして固めた部分。小段。(4)小股にちょこちょこ走ること。
  • うまばしり    【馬走り】 馬場で,馬を走らせるところ。馬出しから馬留(トド)めまでの間。
  • うま-ばしり    [3] 【馬走り】馬場で,馬を走らせるところ。馬出しから馬留(トド)めまでの間。
  • おさき-ばしり    [4] 【御先走り】他人より先に軽はずみに行動すること。また,その人。おさきっぱしり。
  • きばしり    【木走り】 スズメ目キバシリ科の小鳥。スズメぐらいの大きさで,頭・背は茶褐色の地に白斑があり,眉・胸・腹は白。くちばしは下方に曲がる。キツツキのように螺旋(ラセン)状に木の幹をよじ登って小昆虫を食う。日本全国の山地に分布。
  • き-ばしり    [2] 【木走り】スズメ目キバシリ科の小鳥。スズメぐらいの大きさで,頭・背は茶褐色の地に白斑があり,眉・胸・腹は白。くちばしは下方に曲がる。キツツキのように螺旋(ラセン)状に木の幹をよじ登って小昆虫を食う。日本全国の山地に分布。
  • こころ-ばしり    【心走り】胸さわぎ。心さわぎ。「あやしく―のするかな/源氏(浮舟)」
  • こばしり    【小走り】 小股に走ること。 「―に急ぐ」