简体版 繁體版
登録 ログイン

あら-みたま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【荒御魂】
    荒々しく活動的な作用をすると考えられた神霊。
    和御魂
    「―ををぎをひて軍の先鋒(サキ)とし/日本書紀(神功訓)」

  • あらみたま    【荒御魂】 荒々しく活動的な作用をすると考えられた神霊。 ⇔和御魂(ニキミタマ) 「―ををぎをひて軍の先鋒(サキ)とし/日本書紀(神功訓)」 ; 【新霊】 「あらぼとけ(新仏)」に同じ。
  • みたま    【御霊・御魂】 〔「み」は接頭語〕 (1)死者の霊魂を尊んでいう語。 「先祖の―をまつる」「―よ安らかに」 (2)「みたま祭り」の略。 「―など見るにも/蜻蛉(下)」 (3)霊威。 「我(ア)が主の―賜ひて春さらば/万葉 882」
  • あら-たま    [0] 【新玉・粗玉・荒玉・璞】掘り出したままで磨いていない玉。
  • いきみたま    【生き御霊・生き見玉】 盂蘭盆会(ウラボンエ)に,健在の両親を,食物を贈るなどしてもてなすこと。また,盆の贈答品。生き盆。﹝季﹞秋。
  • いき-みたま    [3] 【生き御霊・生き見玉】盂蘭盆会(ウラボンエ)に,健在の両親を,食物を贈るなどしてもてなすこと。また,盆の贈答品。生き盆。[季]秋。
  • うか-の-みたま    【倉稲魂・稲魂・宇迦の御魂】(後世「うが」と濁音)稲の穀霊を神としてあがめたもの。のち,五穀をつかさどる神とされた。伊勢神宮外宮の祭神,豊宇気姫命の別名。また,稲荷(イナリ)信仰の祭神。うけのみたま。
  • うけ-の-みたま    【稲魂】「うかのみたま(倉稲魂)」に同じ。[和名抄]
  • くしみたま    【奇し御魂】 霊妙な力をもった神霊。また,そのような精霊の宿っているもの。 「神さびいます―/万葉 813」
  • くし-みたま    【奇し御魂】霊妙な力をもった神霊。また,そのような精霊の宿っているもの。「神さびいます―/万葉 813」
  • くにみたま    【国御魂】 「くにたま(国魂)」に同じ。
  • くに-みたま    【国御魂】「くにたま(国魂)」に同じ。
  • さきみたま    【幸御魂】 人に幸福を与える神の霊魂。さきたま。 「吾(アレ)は是汝(イマシ)が―・奇魂(クシミタマ)なり/日本書紀(神代上訓)」
  • さき-みたま    【幸御魂】人に幸福を与える神の霊魂。さきたま。「吾(アレ)は是汝(イマシ)が―・奇魂(クシミタマ)なり/日本書紀(神代上訓)」
  • にきみたま    【和御魂】 平和・静穏などの作用をする霊魂・神霊。にきたま。 ⇔荒御魂 「―は王身(ミツイデ)に服(シタガ)ひて寿命(ミイノチ)を守らむ/日本書紀(神功訓注)」
  • にき-みたま    【和御魂】平和・静穏などの作用をする霊魂・神霊。にきたま。荒御魂「―は王身(ミツイデ)に服(シタガ)ひて寿命(ミイノチ)を守らむ/日本書紀(神功訓注)」