简体版 繁體版
登録 ログイン

あるまじき 意味

読み方
"あるまじき"の例文"あるまじき"の英語"あるまじき"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【有るまじき】
    〔「まじき」は助動詞「まじ」の連体形。連体詞のように用いる〕
    あってはならない。ふつごうな。
    「教師に―行為」

  • 有るまじき    あるまじき 〔「まじき」は助動詞「まじ」の連体形。連体詞のように用いる〕 あってはならない。ふつごうな。 「教師に―行為」
  • ある-まじき    【有るまじき】 (連語)(「まじき」は助動詞「まじ」の連体形。連体詞のように用いる)あってはならない。ふつごうな。「教師に―行為」
  • まじき    〔助動詞「まじ」の連体形〕 ⇒まじ(助動)
  • さるまじ    【然るまじ】 〔動詞「然(サ)り」の連体形に打ち消し推量の助動詞「まじ」の付いた語〕 (1)そうなるはずはない。そうするべきでない。 「この―まじき御中のたがひにたれば/蜻蛉(中)」 (2)取るに足りない。たいしたことではない。 「―まじき人のもとに,あまりかしこまりたるもげにわろきことなり/枕草子 262」
  • 然るまじ    さるまじ 〔動詞「然(サ)り」の連体形に打ち消し推量の助動詞「まじ」の付いた語〕 (1)そうなるはずはない。そうするべきでない。 「この―まじき御中のたがひにたれば/蜻蛉(中)」 (2)取るに足りない。たいしたことではない。 「―まじき人のもとに,あまりかしこまりたるもげにわろきことなり/枕草子 262」
  • すまじき    〔サ変動詞「す(為)」の終止形に助動詞「まじ」の連体形「まじき」の付いたもの。連体詞のように用いる〕 してはならない。すべきではない。 ――ものは宮仕(ミヤヅカ)え 会社や官庁に勤めるのは気苦労が多くつらいものだから,できるならしない方がよい。
  • す-まじき    (連語)(サ変動詞「す(為)」の終止形に助動詞「まじ」の連体形「まじき」の付いたもの。連体詞のように用いる)してはならない。すべきではない。――ものは宮仕(ミヤヅカ)え 会社や官庁に勤めるのは気苦労が多くつらいものだから,できるならしない方がよい。
  • どまじき    【土間敷】 床板を張らず,土間の上に藁(ワラ)などを置き,その上に筵(ムシロ)を敷くこと。また,そのような部屋。
  • まじきり    【間仕切り】 部屋の仕切り。壁や襖(フスマ)など。
  • はてるまじま    【波照間島】 沖縄県,八重山諸島の島。有人島としては日本最南端の島。隆起珊瑚礁からなり,砂糖黍の栽培が行われる。面積12.5平方キロメートル。
  • かどう-まじきり    [4] 【可動間仕切り】必要なときに容易に取り付け,取り外しができる間仕切り。
  • かどうまじきり    【可動間仕切り】 必要なときに容易に取り付け,取り外しができる間仕切り。
  • こじきであること    ものごい
  • まじ    【真風】 南風,または南寄りの風。まぜ。主に四国や瀬戸内海の沿岸でいう。 ; 【蠱】 「蠱物(マジモノ)」に同じ。 ; 「まじめ(真面目)」の略。 「―な顔」「お梅はしじう―で居る/洒落本・にやんの事だ」 ; 〔上代語の「ましじ」から転じたもの。中古以降の語〕 打ち消し推量の助動詞。動詞およびそれと同じ活用型の助動詞の終止形に接続する。ただし,ラ行変格活用の動詞,およびそれと同じ活用型の語に
  • すまじきものは宮仕(ミヤヅカ)え    「すまじき」の句項目

例文

  • ウェディングではあるまじき行為だよ
  • 階級にあるまじき暴言と暴力 お許しください
  • 今回の事件は あるまじき不祥事。
  • 今回の事件は あるまじき不祥事。
  • それは 失礼で誤った プロにあるまじき発言ね
  • 公務員にあるまじき失態だった。
  • 私の支配下で あるまじき状況だ
  • 私の支配下で あるまじき状況だ
  • 警察官が 警察官に あるまじき行動を取った場合
  • 警察官が 警察官に あるまじき行動を取った場合
  • もっと例文:  1  2  3  4  5