简体版 繁體版
登録 ログイン

あわせうま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【併せ馬】
    競走馬の調教で,二,三頭が並んで走ること。闘争心と競走意欲を引き出すために行う。

  • あわせ-うま    アハセ― [3] 【併せ馬】競走馬の調教で,二,三頭が並んで走ること。闘争心と競走意欲を引き出すために行う。
  • くせうま    【癖馬】 気難しいところがあり,しばしば騎乗者の指示に従わない馬。
  • やせうま    【痩せ馬】 やせた馬。
  • うまれあわせる    【生まれ合(わ)せる】 ちょうどその時に生まれる。うまれあわす。 「いやな世の中に―・せたものだ」
  • あわせ    【袷】 〔「あわせ(合)」と同源〕 裏をつけて仕立てた和服。単衣(ヒトエ)・綿入れに対していう。あわせぎぬ。﹝季﹞夏。 ; 【合(わ)せ】 〔動詞「合わせる」の連用形から〕 (1)あわせること。二つ以上のものを一つにすること。他の語と複合して用いる。 「―目」 (2)釣りで,「あたり」があったとき,魚に釣り針がかかるように竿(サオ)を操作すること。 (3)飯にとり合わせるもの。おかず。副食物。
  • あきあわせ    【秋袷】 秋になって着る袷。秋の袷。後(ノチ)の袷。﹝季﹞秋。
  • あき-あわせ    ―アハセ [3] 【秋袷】秋になって着る袷。秋の袷。後(ノチ)の袷。[季]秋。
  • あやめ-あわせ    ―アハセ [4] 【菖蒲合(わ)せ】「根合(ネア)わせ」に同じ。
  • ありあわせ    【有り合(わ)せ】 たまたまその場にあること。また,そのもの。 「―の材料を使った料理」
  • あり-あわせ    ―アハセ [0] 【有り合(わ)せ】たまたまその場にあること。また,そのもの。「―の材料を使った料理」
  • あわせいと    【合(わ)せ糸】 数本の糸を引きそろえた糸。また,より合わせた糸。
  • あわせがき    【淡せ柿・醂柿・合はせ柿】 「あわしがき」に同じ。 「やい卑怯者返せ返せ返せ―/狂言・合柿」 ; 【合柿】 狂言。試食させた柿を渋いと言われた柿売りが,渋柿をさも甘そうに食べて見せるがごまかしきれずけんかとなる。柿売(カキウリ)。
  • あわせごう    【合(わ)せ香】 「合わせ薫(タ)き物」に同じ。
  • あわせざお    【合(わ)せ竿】 マグロなど大きい魚を釣るとき,一本の釣り糸に数本の竿をつけ,数人がかりで釣り上げる漁法。
  • あわせしん    【合(わ)せ真】 若松二本を間をあけないでしん(心・真)として立てる立花(タテハナ)や立華(リツカ)。結婚式の時にのみ立てられる。