简体版 繁體版
登録 ログイン

あわづ 意味

読み方:
"あわづ"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【粟津】
    滋賀県大津市南部の地名。
    「粟津野」「粟津の里」「粟津の原」「粟津の森」などの形でも古歌に詠まれ,多く同音の「逢わず」の意をかけたり,「薄」「尾花」などの秋の草花を素材として歌われた。((歌枕))「関越えて―の森のあはずとも清水に見えし影を忘るな/後撰(恋四)」

  • あわづけ    【粟漬(け)】 生姜(シヨウガ)・唐辛子をきざみ込んだ粟に,酢漬けのイワシ・コハダなどを漬け込んだもの。正月料理などに用いる。
  • あわづ-が-はら    アハヅ― 【粟津原】大津市の瀬田唐橋から膳所(ゼゼ)に至る旧東海道の松原。源義仲敗死の地。
  • あわづがはら    【粟津原】 大津市の瀬田唐橋から膳所(ゼゼ)に至る旧東海道の松原。源義仲敗死の地。
  • あわづ-おんせん    アハヅヲンセン 【粟津温泉】石川県小松市にある温泉。芒硝(ボウシヨウ)泉。八世紀前半の発見と伝える古い温泉。
  • あわづおんせん    【粟津温泉】 石川県小松市にある温泉。芒硝(ボウシヨウ)泉。八世紀前半の発見と伝える古い温泉。
  • あわづのせいらん    【粟津の晴嵐】 近江八景の一。晴れた日の粟津原の松原の景色。
  • あわづ-の-せいらん    アハヅ― [1] 【粟津の晴嵐】近江八景の一。晴れた日の粟津原の松原の景色。
  • かわづ    【川津】 (1)川の渡し場。川の船着き場。 「え行きて泊(ハ)てむ―し思ほゆ/万葉 2091」 (2)川端の物洗い場。 「妹なろが使ふ―のささら荻/万葉 3446」 ; 【河津】 静岡県伊豆半島東岸にある町。中世,河津氏が居住。河津温泉郷がある。
  • あわ    【安房】 旧国名の一。千葉県南部に相当。房州(ボウシユウ)。 ; 【阿波】 旧国名の一。徳島県全域に相当。阿州(アシユウ)。 ; 【粟】 (1)イネ科の一年草。ヒエとともに古くから栽培される。高さ約1メートル。夏から秋に花穂を出し,多数の穎果(エイカ)をつける。五穀の一つで,飯や餅・団子にしたり,酒・飴(アメ)などの原料。また,小鳥の飼料とする。ぞく。﹝季﹞秋。 (2)寒さや恐ろしさなどのため
  • いわづた    【岩蔦】 緑藻類ミル目の海藻。十数種が知られ,潮間帯の岩上に着生するものが多い。分枝を有する主軸に葉状の小枝をつけ,ツタのように岩上をはう。細胞学的に全藻が一個の多核細胞からなっていることで有名。食用になる種もある。
  • うわづつみ    【上包(み)】 物の外側をおおい包むもの。特に,手紙・書物を包む紙。
  • うわづみ    【上積み】 (1)積んだ上に,さらに積み上げること。また,そのもの。 ⇔下積(シタヅ)み 「一律二〇〇〇円を―する」 (2)船・車などの積み荷の上部にさらに荷を積むこと。また,その荷物。上荷(ウワニ)。 「―荷物」
  • かわづかえ    【川支へ】 「川止め」に同じ。 「大井川の―にて/滑稽本・膝栗毛 3」
  • かわづがけ    【河津掛(け)】 〔河津祐泰が俣野(大庭)景久を投げた技という〕 相撲の決まり手の一。片足を相手の片足に内側からからめ,掛けた足と同じ側の手で相手の首を巻き,後方に反り返って倒すもの。レスリング・柔道などに同名で類似の技がある。
  • かわづくり    【皮作り】 皮をつけたままの刺身。

例文

  • 旧芸名は粟津 貴嗣(あわづ たかつぐ)。
  • 本名は粟津 祐教(あわづ ゆうきょう)。
  • 粟津(あわづ)滋賀県大津市。
  • 粟津温泉(あわづおんせん)は、石川県小松市(旧国加賀国)にある温泉。
  • 粟津線(あわづせん)は、石川県の粟津温泉駅と新粟津駅とを結んでいた鉄道路線である。
  • 粟津駅(あわづえき)は、滋賀県大津市別保1-7-6にある、京阪電気鉄道石山坂本線の駅。
  • 粟津 潔(あわづ きよし、1929年2月19日 - )は日本のグラフィックデザイナー。
  • 粟津 號(あわづ ごう、1945年6月18日 - 2000年3月15日 )は、日本の俳優。
  • 粟津駅(あわづえき)は、石川県小松市符津町井の2番地にある西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅。
  • 粟津 則雄(あわづ のりお、1927年8月15日 - )は、日本の文芸評論家、フランス文学者、美術評論家。
  • もっと例文:  1  2