简体版 繁體版
登録 ログイン

あわび-たま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アハビ― 
    【鮑珠】

    真珠。古くはアワビからも採った。「い渡りて潜(カズ)き取るといふ―/万葉 4101」

  • あわびたま    【鮑珠】 真珠。古くはアワビからも採った。 「い渡りて潜(カズ)き取るといふ―/万葉 4101」
  • あわび    【鮑・鰒】 腹足綱ミミガイ科の大形巻貝の総称。殻は楕円形で殻口は広く,長径が15センチメートル以上になる。殻表は褐色,内面は真珠光沢が強い。雌雄異体。肉は美味。殻は螺鈿(ラデン)工芸,貝ボタンの材料となる。日本近海にはマダカアワビ・クロアワビ・メガイアワビ・エゾアワビの四種を産する。﹝季﹞春。 →鮑の貝の片思い ――の(貝の)片思い アワビは殻が二枚貝の片方だけのように見えるところから,一方か
  • あわびのし    【鮑熨斗】 アワビの肉を干し,のばして作ったのし。祝儀に用いる。のしあわび。
  • あわび-のし    アハビ― [3] 【鮑熨斗】アワビの肉を干し,のばして作ったのし。祝儀に用いる。のしあわび。
  • あわび-むすび    アハビ― [4] 【鮑結び】(1)ひもの結び方の一。中央に一つ,左右に二つのわなを作る結び。衣服の飾り,水引きなどに用いる。淡路結び。(2)女の髪の結い方の一。{(1)}の形に結うもの。
  • うちあわび    【打ち鮑】 アワビの肉を細く切り,打って薄くのばして干したもの。儀式の席の酒の肴(サカナ)に用いた。のしあわび。 「一献に―,二献にえび/徒然 216」
  • うち-あわび    ―アハビ 【打ち鮑】アワビの肉を細く切り,打って薄くのばして干したもの。儀式の席の酒の肴(サカナ)に用いた。のしあわび。「一献に―,二献にえび/徒然 216」
  • くしあわび    【串鮑】 串に刺して干した鮑。串貝。
  • くし-あわび    ―アハビ [3] 【串鮑】串に刺して干した鮑。串貝。
  • すしあわび    【鮨鮑】 鮨{(2)}にした鮑。 「老海鼠(ホヤ)のつまの貽貝鮨(イズシ),―をぞ/土左」
  • すし-あわび    ―アハビ 【鮨鮑】鮨{(2)}にした鮑。「老海鼠(ホヤ)のつまの貽貝鮨(イズシ),―をぞ/土左」
  • のしあわび    【熨斗鮑】 アワビの肉を薄く長く切り,よく伸ばして干したもの。もと儀式用の肴(サカナ)に用い,のち贈り物に添えた。うちあわび。貝肴(カイザカナ)。鮑熨斗。
  • のし-あわび    ―アハビ [3] 【熨斗鮑】アワビの肉を薄く長く切り,よく伸ばして干したもの。もと儀式用の肴(サカナ)に用い,のち贈り物に添えた。うちあわび。貝肴(カイザカナ)。鮑熨斗。
  • ほしあわび    【干し鮑・乾し鮑】 鮑の肉の乾燥品。
  • ほし-あわび    ―アハビ [3] 【干し鮑・乾し鮑】鮑の肉の乾燥品。