简体版 繁體版
登録 ログイン

あわもりしょうま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【泡盛升麻】
    ユキノシタ科の多年草。中部以西の谷間に自生。高さ約50センチメートル。小葉は披針形でかたく,光沢がある。初夏,白い五弁の小花を泡を盛るように多数開く。アワモリソウ。

  • あわもり-しょうま    [5] 【泡盛升麻】ユキノシタ科の多年草。中部以西の谷間に自生。高さ約50センチメートル。小葉は披針形でかたく,光沢がある。初夏,白い五弁の小花を泡を盛るように多数開く。アワモリソウ。
  • あわもり    【泡盛】 沖縄産の焼酎(シヨウチユウ)。米(多くタイ・ミャンマー産の米)を発酵させ蒸留して造る。アルコール含有量40~50パーセント。﹝季﹞夏。
  • みつもりしょ    【見積書】 経費などの見積もりを記した書類。
  • あわもち    【粟餅】 蒸した糯粟(モチアワ)をついた餅。
  • いそ-あわもち    ―アハモチ [4] 【磯粟餅】腹足綱の軟体動物。体長5センチメートル前後。体は長楕円形で灰色を帯び,多数の小突起があり,後方に樹枝状突起がある。頭にある一対の触角の先端に目がある。雌雄同体。成長に伴って脱皮する。潮間帯の岩礁にすみ,海藻を食べる。本州中部以南に分布。
  • えりしょう    【襟章】 洋服の襟につけて,職階や所属・学部・学年などを表す徽章(キシヨウ)。
  • こりしょう    【凝り性】 物事に熱中する性質。また,物事をいい加減にすませることができず,徹底的にするさま。 「大変―な質(タチ)で」
  • ごりしょう    【御利生】 神仏から受ける恩恵。
  • ご-りしょう    ―リシヤウ [2] 【御利生】神仏から受ける恩恵。
  • りしょう    【利生】 〔仏〕 仏神が人々を救済し,悟りに導くこと。祈念などに応じて,利益(リヤク)を与えること。また,その利益。仏の恵み。 ; 【離床】 寝床を離れること。起床。
  • りしょう-とう    ―シヤウタフ [0] 【利生塔】安国寺{(1)}に建てた舎利(シヤリ)塔。
  • うわもり    【上盛り】 〔さらに盛り添える意から〕 最高のもの。 「かの鼠(ネズミ)と申すは外道の―なるべし/御伽草子・猫」
  • てんじょうまもり    【天井守】 植物ヤツブサの別名。
  • あわ-もり    [2][0] 【泡盛】沖縄産の焼酎(シヨウチユウ)。米(多くタイ・ミャンマー産の米)を発酵させ蒸留して造る。アルコール含有量40~50パーセント。[季]夏。
  • うまれ-しょう    ―シヤウ [0][3] 【生(ま)れ性】(「うまれじょう」とも)生まれながらにしてもっている性質。生まれつき。「とかく男に縁のない―かとばかりにて/浄瑠璃・宵庚申(中)」