简体版 繁體版
登録 ログイン

あんちゅう-ひやく 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0][5] 
    【暗中飛躍】

    人に知られぬようにひそかに策動すること。暗躍。

  • あんちゅうひやく    【暗中飛躍】 人に知られぬようにひそかに策動すること。暗躍。
  • あんちゅう    【暗中】 暗がりの中。
  • りあんちゅう    【李安忠】 中国,北宋末・南宋初の画家。勾勒(コウロク)法による花鳥画を得意とした。代表作「鶉図」。生没年未詳。
  • り-あんちゅう    【李安忠】中国,北宋末・南宋初の画家。勾勒(コウロク)法による花鳥画を得意とした。代表作「鶉図」。生没年未詳。
  • あんちゅうもさく    【暗中模索】 (1)暗闇(クラヤミ)の中で,手探りして探すこと。 (2)手がかりがないまま,いろいろやってみること。 「新しい研究分野で―する」
  • あんちゅう-もさく    [0][5] 【暗中模索】 (名)スル(1)暗闇(クラヤミ)の中で,手探りして探すこと。(2)手がかりがないまま,いろいろやってみること。「新しい研究分野で―する」
  • ひやし-ちゅうか    ―クワ [4] 【冷(や)し中華】ゆでた中華そばを冷やして皿に盛り,種々の具をのせ,酸味のきいたスープをかけた食べ物。冷やしそば。
  • しんちゅうじょうやく    【辛丑条約】 ⇒北京議定書(ペキンギテイシヨ)
  • しんちゅう-じょうやく    シンチウデウヤク 【辛丑条約】北京議定書
  • ひやしちゅうか    【冷(や)し中華】 ゆでた中華そばを冷やして皿に盛り,種々の具をのせ,酸味のきいたスープをかけた食べ物。冷やしそば。
  • ひやく    【冷やく】 ⇒ひやける ; 【非役】 役目をやめていること。また,役目をやめさせられること。 ; 【飛躍】 (1)飛び上がること。跳躍。 (2)大きく進歩すること。発展すること。 「一大―を遂げる」 (3)論理や考え方などが,順を追わないで飛び越して進むこと。 「話が―しすぎる」 ; 【秘薬】 作り方を他人に知らせない秘密の薬。また,不思議なききめのある薬。 ; 【秘鑰】 (1)秘密の鍵(カ
  • いんちゅう    【院中】 〔古くは「いんぢゅう」〕 上皇または法皇の御所の中。また,御所。 「此程―の人々の兵具をととのへ/平家 2」 ; 【印鈕】 印鑑のつまみ。
  • うんちゅう    【雲中】 雲の中。
  • えんちゅう    【円柱】 (1)まるい柱。 (2)一つの円のすべての点から円の平面外の直線(母線)に平行に引いた直線によってつくられた曲面(円柱面)と,この曲面を切る互いに平行な二平面に囲まれた立体。母線が底面と垂直なものを直円柱という。円筒。円壔(エントウ)。 (3)腎疾患のとき,尿中に出現する病的な沈渣物。尿円柱。 ; 【炎昼】 真夏の暑い昼下がり。﹝季﹞夏。
  • おんちゅう    【御中】 郵便物で,会社・団体など個人名以外のあて名の下に添える語。 「○○株式会社人事課―」