简体版 繁體版
登録 ログイン

あんぶんひれい 意味

読み方:
"あんぶんひれい"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【按分比例】
    「比例配分」に同じ。

  • あんぶん-ひれい    [5] 【按分比例】「比例配分」に同じ。
  • ひれい-はいぶん    [4] 【比例配分】あるものを,与えられた比あるいは連比に等しくなるように分けること。按分(アンブン)比例。
  • あんぶん    【案文】 (文書の)案として書いた文章。 ; 【案分・按分】 物品や金銭などを,基準となる数量に比例して割りふること。 「出資額に応じて,利益を―する」
  • ひれいはいぶん    【比例配分】 あるものを,与えられた比あるいは連比に等しくなるように分けること。按分(アンブン)比例。
  • しんぶん-じれい    [5] 【新聞辞令】(1)実際に辞令が出る前に,役人などの任免が新聞に報道されること。(2)うわさだけで実現しない人事異動問題。
  • ひれい    【比例】 (1)例をあげてくらべること。 (2)〔数〕(ア)同種の二つの量と他の同種の二つの量の比が等しいこと。a : b=c : d のとき,この四数は比例するという。(イ)二量 x と y が関係しながら変化し,x が二倍,三倍…となるにつれて,y も二倍,三倍…となるような関係。この関係は y=kx( k は定数)で表される。正比例。 ⇔反比例 (3)〔美〕 表現されたものの各部分相互間
  • ひれいぶぶんのほうそく    【比例部分の法則】 一つの関数があって,変数の値のわずかの変化に対して関数の値もわずかに変化するとき,関数の値の差と変数の値の差とは比例するとして,関数のある値を近似的に求める方法。対数表・三角関数表などで,表中にない対数や三角関数の値を求める場合などに利用される。
  • ひれい-ぶぶん-の-ほうそく    ―ハフソク 【比例部分の法則】一つの関数があって,変数の値のわずかの変化に対して関数の値もわずかに変化するとき,関数の値の差と変数の値の差とは比例するとして,関数のある値を近似的に求める方法。対数表・三角関数表などで,表中にない対数や三角関数の値を求める場合などに利用される。
  • しんぶつ-ぶんり-れい    【神仏分離令】1868年(明治1)3月,明治政府によって出された,古代以来の神仏習合を禁じた命令。これにより全国に廃仏毀釈(キシヤク)運動が起こった。神仏判然令。
  • しんぶんじれい    【新聞辞令】 (1)実際に辞令が出る前に,役人などの任免が新聞に報道されること。 (2)うわさだけで実現しない人事異動問題。
  • はんぶん-じょくれい    [0] 【繁文縟礼】規則や礼儀などが,こまごまとしてわずらわしいこと。繁縟。
  • ぶんかんぶんげんれい    【文官分限令】 文官の身分および職分の保障に関する規定。1899年(明治32)勅令で公布,1946年(昭和21)に官吏分限令と改称,翌年,国家公務員法の制定に伴い廃止。
  • ぎゃく-ひれい    [3] 【逆比例】 (名)スル「反比例(ハンピレイ)」に同じ。
  • せいひれい    【正比例】 二つの量が互いに関連して増減し,両者の比が常に一定であること。 ⇔反比例
  • せい-ひれい    [3] 【正比例】 (名)スル二つの量が互いに関連して増減し,両者の比が常に一定であること。反比例