简体版 繁體版
登録 ログイン

あんまら 意味

読み方:
"あんまら"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【菴摩羅】
    「菴羅(アンラ)」に同じ。

  • あんま    【按摩】 (1)体をもんで,血行をよくしたり,筋肉のこりをほぐしたりする療法。もみ療治。また,それを職業とする人。古く,療法として中国で発達。 「―を取る」 →指圧 →マッサージ (2)〔按摩を業とする人が,多く盲人であったところから〕 近世,盲人をいった語。
  • えんまらじゃ    【閻魔羅闍】 〔梵 Yamarāja〕 「閻魔王」に同じ。
  • あんまい    【暗昧】 (1)道理に暗く愚かな・こと(さま)。暗愚。 「王の―に因ると云はざるを得ず/春窓綺話(早苗)」 (2)はっきりしないこと。あいまい。
  • あんまく    【暗幕】 室内を暗くするために,窓や壁にはりめぐらす黒い幕。 「映写室の―」
  • あんまし    「あんまり」の転。 「―食べたくない」
  • あんまする    揉む; こする; マッサージする
  • あんまり    【余り】 〔「あまり」の撥音添加〕 ※一※ ◎ (副) 「あまり{※三※}」に同じ。 「―手を焼かすな」「―好きじゃない」 ※二※ ④ (形動) 「あまり{※二※}」に同じ。 「―な仕打ち」
  • あんまん    【餡饅】 ごま油を加えて練った小豆餡(アズキアン)を小麦粉の皮に包んで蒸し上げた中華饅頭(マンジユウ)。
  • そくりき-あんま    [5] 【足力按摩】主に足で客の腰や脚を踏む按摩。
  • まら    【魔羅・摩羅】 〔梵 māra「障碍」などと訳す〕 (1)〔仏〕 人の心を迷わし修行のさまたげとなるもの。 (2)〔もと僧侶の隠語〕 陰茎。男根。
  • あんちんまんだら    【安鎮曼荼羅】 安鎮法の本尊。中央に二臂(ヒ)黄色の不動明王,周囲に四臂青色の不動明王を描き,さらに八方に天神を配する。
  • そくりきあんま    【足力按摩】 主に足で客の腰や脚を踏む按摩。
  • あんま-マッサージ-しあつし    [11] 【按摩―指圧師】按摩・マッサージ・指圧などの治療を行う免許を有する者。
  • うまら    【茨】 「うばら」に同じ。 「道のへの―の末(ウレ)に這(ハ)ほ豆の/万葉 4352」 ; 【旨ら】 〔「ら」は接尾語〕 うまいさま。おいしいさま。また,快いさま。 「横臼に,醸(カ)みし大御酒(オオミキ),―に,聞こしもちをせ/古事記(中)」「―に食(オ)せ叔母が君―に睡(ネ)や/琴歌譜」
  • とまら    【枢】 〔「と」は戸,「まら」は男根の意〕 開き戸の,かまちの上下の端にある,突き出た部分。とぼそに差し入れて戸の開閉の用とする。

例文

  • 菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)ともいう。
  • アンバーパリー(漢訳:菴摩羅女=あんまらにょ、マンゴーのこと)が所有していた、マンゴー樹園を寄進して建てられた精舎。