简体版 繁體版
登録 ログイン

あんもち 意味

読み方
"あんもち"例文"あんもち"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【餡餅】
    餡を中に入れた餅。また,まわりに餡をつけた餅。あんころ餅。あんぴん。

  • あんも    【餡餅】 〔幼児語〕 餅(モチ)。餡餅(アンモチ)。あも。 「きのふ夕がたに―をたべたばかしです/当世書生気質(逍遥)」
  • あん-もち    [1][0][3] 【餡餅】餡を中に入れた餅。また,まわりに餡をつけた餅。あんころ餅。あんぴん。
  • かばんもち    【鞄持(ち)】 (1)主人・上役の鞄を持って供をする人。秘書。 (2)上役にぴったりくっついてへつらう者をさげすんでいう語。
  • かんもち    【寒餅】 寒中につく餅。寒の餅。﹝季﹞冬。 ; 【癇持(ち)】 癇癪(カンシヤク)持ち。
  • けんもち    【剣持】 姓氏の一。
  • しんもち-ざい    [4] 【心持ち材】樹心を含んだ木材。
  • じぶんもち    【自分持ち】 ある負担・費用などを参加者自身が支払うこと。自弁。自前。
  • じめんもち    【地面持(ち)】 土地を多く持っている人。土地持ち。地所持ち。
  • ちんもち    【賃餅】 料金を取って餅をつくこと。また,その餅。
  • あんもく    【暗黙】 口に出しては言わないこと。黙っていること。 「―の了解」「―のうちに認める」
  • あんもくち    【暗黙知】 〔tacit knowledge〕 M =ポランニーが提唱した科学哲学上の概念。標本の認知や名医の診断のように,明確に言葉には表せないが,科学的創造性を支えている身体を基盤とする知識のこと。
  • あんもく-ち    [4] 【暗黙知】(tacit knowledge)M =ポランニーが提唱した科学哲学上の概念。標本の認知や名医の診断のように,明確に言葉には表せないが,科学的創造性を支えている身体を基盤とする知識のこと。
  • あんもら    【菴没羅】 「菴羅(アンラ)」に同じ。
  • あんもん    【案文】 ⇒あんぶん(案文)
  • きあんもん    【徽安門】 平安京内裏内郭十二門の一。北面する三門のうち西にあったもの。西廂門。 →内裏