简体版 繁體版
登録 ログイン

あんらく-せかい 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [5] 
    【安楽世界】

    「安楽浄土」に同じ。「げにや―より今此の娑婆に示現して/謡曲・田村」

  • あんらくせかい    【安楽世界】 「安楽浄土」に同じ。 「げにや―より今此の娑婆に示現して/謡曲・田村」
  • あんらく-あん    【安楽庵】京都,誓願寺にあった茶室。策伝が創建・命名。
  • あんらく    【安楽】 心身がおだやかで,満ち足りている・こと(さま)。 「―に暮らす」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • あんらくし    【安楽死】 助かる見込みがない病人を苦痛から解放する目的で,延命のための処置を中止したり死期を早める処置をとること。また,その死。安死術。オイタナジー。 →尊厳死
  • あんらく-いす    [4] 【安楽椅子】ひじ掛けがあり,体をあずけて楽な姿勢で座れる椅子。
  • あんらく-こく    [4] 【安楽国】「安楽浄土」に同じ。
  • あんらく-し    [4][3] 【安楽死】助かる見込みがない病人を苦痛から解放する目的で,延命のための処置を中止したり死期を早める処置をとること。また,その死。安死術。オイタナジー。尊厳死
  • あんらく-りつ    [4] 【安楽律】天台律宗
  • にせ-あんらく    [1] 【二世安楽】(仏) 二世の願によって得られる果報。仏の慈悲によって二世にわたって安楽を得ること。「―の大利を勤行せん/平家 5」
  • あんらくあん    【安楽庵】 京都,誓願寺にあった茶室。策伝が創建・命名。
  • あんらくいす    【安楽椅子】 ひじ掛けがあり,体をあずけて楽な姿勢で座れる椅子。
  • あんらくこく    【安楽国】 「安楽浄土」に同じ。
  • あんらくりつ    【安楽律】 ⇒天台律宗(テンダイリツシユウ)
  • にせあんらく    【二世安楽】 〔仏〕 二世の願によって得られる果報。仏の慈悲によって二世にわたって安楽を得ること。 「―の大利を勤行せん/平家 5」
  • ごくらく-せかい    [5] 【極楽世界】「極楽浄土」に同じ。