简体版 繁體版
登録 ログイン

あん-きょ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [1] 
    【暗渠】

    覆いをしたり地下に設けたりして,外から見えないようになっている水路。
    明渠

  • あんきょ    【暗渠】 覆いをしたり地下に設けたりして,外から見えないようになっている水路。 ⇔明渠(メイキヨ) ; 【安居】 心やすらかに生活すること。 「心を苦め身を労し暫くも―せず/明六雑誌 15」 →あんご(安居)
  • きょうあん    【教案】 (1)授業に先立ち,教師が授業の目標・具体的な教授方法・時間の配分などを記した指導案。学習指導案。教授案。 (2)中国で,キリスト教に関係した事件の総称。清代末の,宣教師殺害や教会焼き打ちなどのキリスト教排斥運動(仇教(キユウキヨウ)運動)が著名で,のち排外運動に発展。
  • きょう-あん    ケウ― [0] 【教案】(1)授業に先立ち,教師が授業の目標・具体的な教授方法・時間の配分などを記した指導案。学習指導案。教授案。(2)中国で,キリスト教に関係した事件の総称。清代末の,宣教師殺害や教会焼き打ちなどのキリスト教排斥運動(仇教(キユウキヨウ)運動)が著名で,のち排外運動に発展。
  • きょうじゅ-あん    ケウ― [3] 【教授案】教案
  • へいあん-きょう    ―キヤウ 【平安京】八世紀末から九世紀初めにかけて山城盆地,現在の京都市街の地に,唐の都長安に範をとって造営された都城。794年,桓武天皇が長岡京から遷都。応仁の乱でいったん灰燼(カイジン)に帰したが,1869年(明治2)の東京遷都まで首都としての役割を果たした。東西約4.5キロメートル,南北約5.3キロメートルの方形で形式の基本は平城京と同じだが,条坊の区画とは別に道路用地をとるなどの工夫も
  • ほり-きょうあん    ―キヤウアン 【堀杏庵】(1585-1642) 江戸初期の儒医。近江の人。儒学を藤原惺窩(セイカ),医を曲直瀬(マナセ)正純に学ぶ。安芸藩,次いで尾張藩に仕え法眼に進む。晩年,幕命により江戸に出て大名諸家の系図を編纂(ヘンサン)。
  • あんきょはいすい    【暗渠排水】 暗渠を作り,地中の余分な水分を排水すること。農耕地の改良などに行う。
  • あんきょ-はいすい    [4] 【暗渠排水】暗渠を作り,地中の余分な水分を排水すること。農耕地の改良などに行う。
  • あんてい-きょうこう    ―クワウ [5] 【安定恐慌】インフレーションを収束させ,通貨価値を安定させるのに伴い生ずる経済的恐慌状態。
  • きょうじゅあん    【教授案】 ⇒教案(キヨウアン)(1)
  • しんあんとっきょ    【新案特許】 「実用新案」あるいは「特許」の俗な言い方。
  • しんあん-とっきょ    ―トク― [5] 【新案特許】「実用新案」あるいは「特許」の俗な言い方。
  • へいあんきょう    【平安京】 八世紀末から九世紀初めにかけて山城盆地,現在の京都市街の地に,唐の都長安に範をとって造営された都城。794年,桓武天皇が長岡京から遷都。応仁の乱でいったん灰燼(カイジン)に帰したが,1869年(明治2)の東京遷都まで首都としての役割を果たした。東西約4.5キロメートル,南北約5.3キロメートルの方形で形式の基本は平城京と同じだが,条坊の区画とは別に道路用地をとるなどの工夫もみられる
  • ほりきょうあん    【堀杏庵】 (1585-1642) 江戸初期の儒医。近江の人。儒学を藤原惺窩(セイカ),医を曲直瀬(マナセ)正純に学ぶ。安芸藩,次いで尾張藩に仕え法眼に進む。晩年,幕命により江戸に出て大名諸家の系図を編纂(ヘンサン)。
  • あんしやけんびきょう    【暗視野顕微鏡】 ⇒限外(ゲンガイ)顕微鏡