简体版 繁體版
登録 ログイン

あ・む 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【浴む】
     (動マ上二)
    湯や水をあびる。「筑紫へ湯―・みむとてまかりける時に/古今(離別詞)」

  • あ-ぐ・む    【足組む】 (動マ四)足を組んで座る。あぐらをかく。「―・むとも寝まるとも,心まかせに打ちくつろぎて語りめせ/読本・双蝶記」
  • ゆ-あ・む    【湯浴む】 (連語)湯浴みする。入浴する。湯治する。「秋ごろ山ざとにて,―・むるとて/右京大夫集」
  •     (1)五十音図ア行第一段の仮名。後舌の広母音。 (2)平仮名「あ」は「安」の草体。片仮名「ア」は「阿」の行書体の偏。 ; 【唖】 話しことばが重度に障害された状態。話しことばをまったく,あるいは,ほとんど発することができない状態をいう。 ; 【足】 あし。 「―の音せず行かむ駒もが/万葉 3387」 〔多く「足掻(アガ)き」「足結(アユイ)」など,複合した形で見られる〕 ; (1)軽い驚きや感
  • あ(あ)    (1)[驚き]Oh!/Good God[Heavens]!/Oh,my goodness!/Dear me!(2)[感嘆]Ah!/Oh!/O,…!/Alas!(3)[呼びかけ](I) say./Hello!/Look!(4)[答]Yes./No.あ,痛い! Ouch!ああそうですか Really?/Is that so?
  • あ-あ    [1] 【唖唖】 (副)カラスの鳴く声を表す語。「宿鴉の夢を驚かし―として林中に声あり/花間鶯(鉄腸)」
  •     (1)五十音図マ行第三段の仮名。両唇鼻音の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。 (2)平仮名「む」は「武」の草体。片仮名「ム」は「牟」の初二画。 ; 【身】 「み(身)」の古形。「むかわり」「むくろ」など複合した形でみられる。 ; 【六】 (1)ろく。名詞の上に付けて,複合語を作る。 「―月」 (2)ろく。むっつ。数を数えるときに使う。 「いつ,―,なな,や」 ; 【無・无】 (1)何もな
  • む-む    [1][2] (感)(1)感心したり驚いたり言葉につまったときなどに発する語。「―,これは何だ」(2)含み笑いの声を表す語。ふふ。うふふ。「ただ―とうち笑ひて/源氏(末摘花)」(3)相手の言葉に同意するときに発する語。そうかそうか。うんうん。「―そなたは終(ツイ)に見ぬか/浄瑠璃・生玉心中(中)」
  • あ∘なり    (連語)「あんなり」の撥音「ん」の無表記。「駿河の国に―∘なる山の頂に/竹取」
  • あ∘べし    (連語)(「あるべし」の音便形「あんべし」の「ん」の無表記)あるはずだ。あるべきである。「をかしくもあはれにも―∘べかりける事の/源氏(帚木)」
  • あ∘めり    (連語)(「あんめり」の撥音「ん」の無表記)あるようだ。あるらしい。「とばかり,ほのかにぞ―∘める/源氏(蛍)」
  • あ・う    アフ 【和ふ・韲ふ】 (動ハ下二)あえる
  • あ・える    アヘル [2] 【和える・韲える】 (動ア下一)[文]ハ下二 あ・ふ(1)野菜・魚介などを,酢・味噌・胡麻(ゴマ)などとまぜる。「酢みそで―・える」(2)まぜっかえす。ごちゃごちゃにする。「長五郎さんの力持で,大事の帳合を―・へられた/歌舞伎・隅田春」
  • あ・きる    [2] 【飽きる・厭きる】 (動カ上一)(四段動詞「あく」の上一段化。近世江戸語以降の形)(1)同じ物事が何度も続いて,いやになる。いやになって,続ける気がなくなる。「パン食に―・きる」「仕事にすぐ―・きて長続きしない」(2)満ち足りて,これ以上はいらなくなる。《飽》「好きな物を―・きるほど食べたい」(3)動詞の連用形の下に付いて,いやになるほど十分に…する意を表す。「見―・きる」「そんなせり
  • あ・く    [0] 【開く・空く・明く】■一■ (動カ五[四])□一□(自動詞)(1)出入り口や容器の口などを閉ざしていた物が動いて,人や物の通り道ができる。ひらく。《開》しまるとじる「ドアが―・く」「ふたが固くて―・かない」商店の営業や興業が始まる。ひらく。《開》しまる.html">しまるとじる「ドアが―・く」「ふたが固くて―・かない」商店の営業や興業が始まる。ひらく。《開》とじる「デパートは朝一〇時に
  • あ・ぐ    【上ぐ・揚ぐ・挙ぐ】 (動ガ下二)あげる