简体版 繁體版
登録 ログイン

あ-ずま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―ヅマ 
    【吾妻・吾嬬】

    私の妻。わが妻。「―はやと詔りたまひき/古事記(中)」

  •     (1)五十音図ア行第一段の仮名。後舌の広母音。 (2)平仮名「あ」は「安」の草体。片仮名「ア」は「阿」の行書体の偏。 ; 【唖】 話しことばが重度に障害された状態。話しことばをまったく,あるいは,ほとんど発することができない状態をいう。 ; 【足】 あし。 「―の音せず行かむ駒もが/万葉 3387」 〔多く「足掻(アガ)き」「足結(アユイ)」など,複合した形で見られる〕 ; (1)軽い驚きや感
  • あ(あ)    (1)[驚き]Oh!/Good God[Heavens]!/Oh,my goodness!/Dear me!(2)[感嘆]Ah!/Oh!/O,…!/Alas!(3)[呼びかけ](I) say./Hello!/Look!(4)[答]Yes./No.あ,痛い! Ouch!ああそうですか Really?/Is that so?
  • あ-あ    [1] 【唖唖】 (副)カラスの鳴く声を表す語。「宿鴉の夢を驚かし―として林中に声あり/花間鶯(鉄腸)」
  • あずま    【吾妻・吾嬬】 私の妻。わが妻。 「―はやと詔りたまひき/古事記(中)」 ; 【東・吾妻・吾嬬】 (1)都の東方にある諸国,また地方。東国。古くは,逢坂(オウサカ)の関より東の諸国の総称。奈良時代には信濃・遠江(トオトウミ)より東の諸国をいい,のちには箱根より東,特に関東地方をさしていった。 (2)中世に,京都からみて,鎌倉または鎌倉幕府をさしていった語。 「峰殿の御しうと,―の将軍の御祖父
  • いな-ずま    ―ヅマ [0] 【稲妻・電】(「いなづま」とも書く)(1)(「稲の夫(ツマ)」の意。古代,稲は稲妻をうけて結実すると信じられたことから)雷雲の間,あるいは雷雲と地面との間に起こる放電現象によりひらめく火花。稲光。稲魂(イナタマ)。稲交接(イナツルビ)。[季]秋。《―やきのふは東けふは西/其角》(2)動きの素早いたとえ。「―のように名案がひらめく」
  • てずま    【手妻】 ⇒てづま(手妻)
  • て-ずま    ―ヅマ [1] 【手妻】てづま
  • ほずま    【秀真】 ⇒香取(カトリ)秀真
  • みずま    【三潴】 福岡県南西部,三瀦郡の町。筑後川下流左岸の沖積地で,庭園用松を多産。
  • あ∘なり    (連語)「あんなり」の撥音「ん」の無表記。「駿河の国に―∘なる山の頂に/竹取」
  • あ∘べし    (連語)(「あるべし」の音便形「あんべし」の「ん」の無表記)あるはずだ。あるべきである。「をかしくもあはれにも―∘べかりける事の/源氏(帚木)」
  • あ∘めり    (連語)(「あんめり」の撥音「ん」の無表記)あるようだ。あるらしい。「とばかり,ほのかにぞ―∘める/源氏(蛍)」
  • あ・う    アフ 【和ふ・韲ふ】 (動ハ下二)あえる
  • あ・える    アヘル [2] 【和える・韲える】 (動ア下一)[文]ハ下二 あ・ふ(1)野菜・魚介などを,酢・味噌・胡麻(ゴマ)などとまぜる。「酢みそで―・える」(2)まぜっかえす。ごちゃごちゃにする。「長五郎さんの力持で,大事の帳合を―・へられた/歌舞伎・隅田春」
  • あ・きる    [2] 【飽きる・厭きる】 (動カ上一)(四段動詞「あく」の上一段化。近世江戸語以降の形)(1)同じ物事が何度も続いて,いやになる。いやになって,続ける気がなくなる。「パン食に―・きる」「仕事にすぐ―・きて長続きしない」(2)満ち足りて,これ以上はいらなくなる。《飽》「好きな物を―・きるほど食べたい」(3)動詞の連用形の下に付いて,いやになるほど十分に…する意を表す。「見―・きる」「そんなせり