简体版 繁體版
登録 ログイン

いいづか 意味

読み方:
"いいづか"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【飯塚】
    福岡県中北部の市。近世,長崎街道の宿場町。かつて筑豊炭田の中心。近年,商業が発展。

  • 【飯塚】
    姓氏の一。

  • いいづか-こうじ    イヒヅカカウジ 【飯塚浩二】(1906-1970) 人文地理学者。東京生まれ。東大卒。東大東洋文化研究所長。著「地理学批判」「世界史における東洋社会」など。
  • いいづかこうじ    【飯塚浩二】 (1906-1970) 人文地理学者。東京生まれ。東大卒。東大東洋文化研究所長。著「地理学批判」「世界史における東洋社会」など。
  • かいづか    【貝塚】 大阪府南西部,大阪湾に面する市。願泉寺(貝塚御坊)の寺内町として発達。紡績業が盛ん。 ; 【貝塚】 姓氏の一。 ; 【貝塚】 古代人が食べた貝の殻などが堆積(タイセキ)したもの。ヨーロッパでは中石器時代以後,日本では縄文時代から弥生時代中期までのものが見られる。土器・石器・人骨・獣骨などがまじって発掘される。
  • こいづか    【恋塚】 恋のために死んだ人を葬った塚。 「鳥羽の―,秋の山,月の桂の川瀬舟/謡曲・卒都婆小町」
  • さいづか    【采柄】 采配のつかの部分。 ――を握・る 指図をする。指揮する。采配を振る。
  • ばいづか    【陪塚】 ⇒ばいちょう(陪塚)
  • いいづな    【飯綱】 イタチ科の獣。食肉目中の最小種で体長20センチメートル内外。夏は背面褐色,腹面白色,冬は全身白色。性質は獰猛(ドウモウ)でネズミ類の天敵。北アメリカ・ヨーロッパ・アジア北部に分布。日本では北海道・青森などに見られる。イイヅナイタチ。コエゾイタチ。
  • いいづな-やま    イヒヅナ― 【飯縄山・飯綱山】長野県北部にある火山。海抜1917メートル。長大な裾野を引き,中腹に飯縄高原が広がる。修験道の霊地で,山頂付近に飯縄神社がある。
  • いいづらい    【言い辛い】 (1)言いにくい。 「―・い言葉」 (2)口に出して言うことがはばかられる。いいにくい。 「こんなことは,―・い話だが,…」
  • あつた-かいづか    ―カヒ― 【熱田貝塚】名古屋市熱田区にある弥生時代の貝塚。弥生土器が石器や骨器とともに出土し,弥生文化の存在を確認する端緒となった。高蔵貝塚。
  • いちき-かいづか    ―カヒヅカ 【市来貝塚】鹿児島県日置郡市来町にある縄文時代の貝塚。九州南部の縄文後期の市来式土器の標準遺跡。
  • おおいづかさ    【大炊寮】 ⇒おおいりょう(大炊寮)
  • かいづか-いぶき    カヒ― [5] 【貝塚伊吹】イブキの園芸品種。幹は直立して枝は太く,側枝はねじれ,円錐形の樹形をなす。生け垣・庭木などとする。
  • かいづか-しげき    カヒヅカ― 【貝塚茂樹】(1904-1987) 中国史学者。東京生まれ。京大卒。小川琢治の次男。京大人文科学研究所で中国古代の甲骨文字や金石文の研究を行う。「京都大学人文科学研究所蔵甲骨文字」三大冊は,世界の学界で反響を呼んだ。
  • かそり-かいづか    ―カヒヅカ 【加曾利貝塚】千葉市桜木町にある縄文中期・後期の大貝塚。直径約200メートルの環状貝塚が二つ相接している。指定史跡。

例文

  • 本名は飯塚 孝之(いいづか たかゆき)。
  • 本名は飯塚実(いいづか みのる)。
  • 飯塚哲太郎(いいづか てつたろう)は日本の物理学者。
  • 飯塚市(いいづかし)は福岡県中部に位置する市である。
  • 飯塚 仁樹(いいづか ひとき、- )は、日本の俳優。
  • 飯塚実(いいづか みのる) - お笑い芸人ダンカンの本名。
  • 飯塚祐紀(いいづか ひろき 1969年4月2日)は将棋棋士。
  • 飯塚 実(いいづか みのり)は俳優、スーツアクター、殺陣師。
  • 飯塚実(いいづか みのり) - 大野剣友会に所属する剣道選手。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5