简体版 繁體版
登録 ログイン

いいなおすけ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【井伊直弼】
    (1815-1860) 江戸末期の大老。近江彦根藩主。将軍継嗣(ケイシ)問題で水戸派と対抗,一四代将軍に紀州家の慶福(ヨシトミ)(家茂)をつけ,また,1858年,勅許を待たず安政五か国条約に調印。これに反対する勢力を弾圧して安政の大獄を起こし,60年,桜田門外で水戸浪士らに暗殺された。

  • いい-なおすけ    ヰイナホスケ 【井伊直弼】(1815-1860) 江戸末期の大老。近江彦根藩主。将軍継嗣(ケイシ)問題で水戸派と対抗,一四代将軍に紀州家の慶福(ヨシトミ)(家茂)をつけ,また,1858年,勅許を待たず安政五か国条約に調印。これに反対する勢力を弾圧して安政の大獄を起こし,60年,桜田門外で水戸浪士らに暗殺された。
  • いいなおす    【言(い)直す】 (1)前に言ったことをもう一度言う。 (2)前に言ったことを訂正してもう一度言う。 「お前と言い掛けて,あなたと―・した」 ‖可能‖ いいなおせる
  • ぬいなおす    【縫(い)直す】 一度縫ったものをほどいて,改めて縫う。縫い返す。 「浴衣を―・す」 ‖可能‖ ぬいなおせる
  • 思いなおす    思直す; 見直しする; 再議する; 思いかえす; 再考する; 再思する; 再検する; 思い直す; 追考する; 思い返す; 再検討する; 見直する; 考え直す; 思返す
  • 言いなおす    言い改める
  • ごんだ-なおすけ    ―ナホスケ 【権田直助】(1809-1887) 幕末・明治初期の国学者・神道家・医者。号は名越舎(ナゴシノヤ)。武蔵の人。平田篤胤に学び,尊皇討幕に奔走。維新後,神官となる。著「みたまのふゆ」など。
  • あらいなおす    【洗い直す】 (1)洗ったものをもう一度洗う。 (2)もとに立ち返って検討しなおす。 「案を―・す」
  • おもいなおす    【思い直す】 考えを変える。考え直す。 「辞任を―・す」
  • ごんだなおすけ    【権田直助】 (1809-1887) 幕末・明治初期の国学者・神道家・医者。号は名越舎(ナゴシノヤ)。武蔵の人。平田篤胤に学び,尊皇討幕に奔走。維新後,神官となる。著「みたまのふゆ」など。
  • いいなおたか    【井伊直孝】 (1590-1659) 江戸初期の譜代大名。近江彦根藩の祖。掃部頭(カモンノカミ)。直政の二男。大坂冬・夏の陣に活躍。秀忠・家光・家綱三代に仕え,草創期にある幕政を補佐した。
  • いいなおまさ    【井伊直政】 (1561-1602) 安土桃山時代の武将。徳川家康の重臣の一人。もと遠江(トオトウミ)の豪族で,今川氏の家臣。関ヶ原の功によって近江佐和山城主に封ぜられ一八万石を領した。
  • なおす    【直す】 〔「直(ナオ)」の動詞化〕 (1)正常な状態にする。悪くなったものをよい状態に戻す。(ア)修理する。修繕する。 「故障したテレビを―・す」(イ)誤りを訂正する。修正する。「誤植を―・す」「船(ノ進路)を―・すに及ばず/平家 11」(ウ)よくない状態をただす。矯正する。「英語の発音を―・す」「くせを―・す」(エ)形のくずれなどを正す。整える。つくろう。「服装の乱れを―・す」「髪を―・す
  • うちなおす    【打(ち)直す】 (1)改めてもう一度打つ。 「杭(クイ)を―・す」 (2)綿の打ち直しをする。 (3)もとのように直す。 「詠(エイ)はてて袖―・し給へるに/源氏(紅葉賀)」 ‖可能‖ うちなおせる
  • かきなおす    【書(き)直す】 一度書いたものを,訂正や浄書のためにもう一度書く。 「報告書を―・す」 ‖可能‖ かきなおせる
  • ききなおす    【聞(き)直す】 (1)一度聞いたことをもう一度聞く。聞き返す。 「録音テープを―・す」 (2)聞いて考えなおす。聞いてまちがいを改める。 「まことならばこそあらめ,おのづから―・し給ひてむ/枕草子 82」 ‖可能‖ ききなおせる