简体版 繁體版
登録 ログイン

いいのこす 意味

読み方:
"いいのこす"の英語"いいのこす"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【言(い)残す】
    (1)言うべきことの一部を言わないままにする。言い漏らす。
    (2)立ち去る人が,あとに残る人に言っておく。言いおく。
    「父の―・した言葉」
    ‖可能‖ いいのこせる

  • くいのこす    【食(い)残す】 全部食べないで,一部を残す。食べ残す。
  • おもいのこす    【思い残す】 しておきたかった,しておくべきだったという気持ちが残る。 「もう―・すことは何もない」
  • つかいのこす    【使い残す】leave<a thing> unused.
  • のこす    【残す】 (1)失ったりしないでとどめる。保存する。 「昔の町並みを―・す一角」「少年の面影を―・す」「我が背子が帰り来まさむ時のため命―・さむ/万葉 3774」 (2)全体のうちの一部をとどまらせる。 「ご飯を―・す」「宿題を忘れた生徒だけ―・して勉強させる」「保安係を―・して他の者は引き上げる」 (3)後のために書き記して保存する。 「発言を記録に―・す」「実験の記録を―・す」 (4)(「
  • いのこ    【亥の子】 (1)陰暦一〇月の亥の日。「亥の子の祝い」をし,万病除去・子孫繁栄を祈った。また江戸時代には,この日に炉やこたつを開き火鉢を出す習慣があった。﹝季﹞冬。《昼になつて―と知りぬ重の内/太祇》 (2)「亥の子の祝い」「亥の子餅」の略。 ; 【豕・猪の子】 (1)いのしし。 (2)いのししの子。 「―のかたをつくりたりけるに/道綱母集」 (3)豚の異名。 「此のわたりこそ―の侍らむやうに
  • かきのこす    【書(き)残す】 (1)文章に書いて後世に残す。 「遺書を―・す」 (2)書くはずのことの一部を書かないで残す。
  • しのこす    【為残す】 仕事が途中で残る。やりのこす。 「―・した分は明日しよう」
  • たべのこす    【食べ残す】 食べきらずに残す。 「量が多すぎて―・す」
  • つみのこす    【積(み)残す】 積みきれずに一部分を残す。比喩的にも用いる。 「船が小さくて貨物を―・した」「多くの法案を―・して国会が閉会した」
  • とりのこす    【取(り)残す】 (1)全部取らないで残しておく。 「―・した柿の実を小鳥が食べる」 (2)そこに残したままにする。 「一人だけ―・された」「時代に―・される」
  • ふりのこす    【降り残す】 雨や雪が,そこだけ降らないままにする。 「五月雨の―・してや光堂/奥の細道」
  • みのこす    【見残す】 全部を見られないで,一部を残す。 「最後の一幕を―・して帰る」
  • 取りのこす    放置する; 捨てて置く; 置きわすれる; 放っとく; 遺棄する; 放っておく; 残す; 打ち遣る; 打ちやる; 取り残す; ほったらかす; 遺す; 置く; 取残す; 置忘れる; 捨ておく
  • 書きのこす    見過ごす; 取逃す; 言い落す; 見はずす; 書残す; 書き落とす; 取り逃す; 落とす; 見遁す; 書き漏す; 書き漏らす; 書落す; 取り落とす; 見落す; 見落とす; 書きもらす; 為落す; 取逃がす; 見のがす; 見すごす; 見過す; 落す; 言落す; 書落とす; 見逃がす; 書き洩す; 為落とす; 漏らす; 抜かす; 取落す; 見逃す; 取り落す; 書き落す; 書き洩らす; 書き残す
  • あいのこ    【間の子・合(い)の子】 (1)混血児。ハーフ。 (2)異種の生物の間に生まれた子。 (3)二つの物の特徴を併せ持ち,どちらともいえないようなもの。