简体版 繁體版
登録 ログイン

いい-にく・い 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • イヒ― [4] 
    【言い難い】
     (形)[文]ク いひにく・し
    (1)さしさわりがあり,言うのがためらわれる。言いづらい。「面と向かっては―・い」
    (2)発音しにくい。「―・い言葉」

  • にく・い    [2] 【憎い・悪い】 (形)[文]ク にく・し(「にくむ」と同源)(1)憎悪の感情を抱かせるさまである。許しがたい。にくらしい。「敵に寝返った―・い男」(2)(反語的に用いて)かわいい。いとしい。「私の心を奪った―・い人」(3)(にくく思うくらいにすばらしいの意で)感心だ。みごとだ。あっぱれだ。「なんとも―・い振る舞いだ」(4)気に入らない。気にくわない。「紫のにほへる妹を―・くあらば/万葉
  • いいにくい    【言い難い】 (1)さしさわりがあり,言うのがためらわれる。言いづらい。 「面と向かっては―・い」 (2)発音しにくい。 「―・い言葉」
  • にくにく-し・い    [5] 【憎憎しい】 (形)[文]シク にくにく・し非常に憎らしい。ひどくしゃくにさわる様子だ。「―・い目つきで見る」[派生] ――げ(形動)――さ(名)
  • きき-にく・い    [4] 【聞き難い】 (形)[文]ク ききにく・し(1)聞き取りにくい。「声が小さくて―・い」(2)聞いて不愉快に感じる。聞き苦しい。「人の悪口は―・い」(3)質問しにくい。「むずかしい人なので気楽に―・い」[派生] ――さ(名)
  • こころ-にく・い    [5] 【心憎い】 (形)[文]ク こころにく・し□一□(1)あまりにすぐれているので憎らしくさえ感じられる。「―・いまでに落ち着きはらっている」「―・い演技力」(2)表面はさりげないが深い配慮が感じられる。「―・い心遣い」「―・い庭石の配置」□二□(1)上品で奥ゆかしい。深みがある。「たきものの香,いと―・し/枕草子 201」(2)(よくわからないもの,はっきりしないものに)関心をそそられる
  • こづら-にく・い    [5] 【小面憎い】 (形)[文]ク こづらにく・し顔を見るだけでも憎らしい。「―・い奴だ」「人もなげな振舞ひ,―・かつたものであろう/婦系図(鏡花)」[派生] ――さ(名)
  • こ-にく・い    【小憎い】 (形)[文]ク こにく・し(近世語)いかにも憎たらしい。こにくらしい。「定めし夕べ平様と手を引き合うてで御ざんしよ,―・いことや/浄瑠璃・氷の朔日(中)」
  • し-にく・い    [3] 【為難い】 (形)[文]ク しにく・し(中世以降の語)することが難しい。やりにくい。「兄貴とは議論が―・い」
  • つら-にく・い    [4] 【面憎い】 (形)[文]ク つらにく・し顔を見るのも憎らしい。「―・いほど落ち着いている」[派生] ――げ(形動)――さ(名)
  • にくて-らし・い    【憎体らしい】 (形)[文]シク にくてら・し(近世語)憎らしい。にくにくしい。「女郎さまにも美しいあり,かはゆらしい有り…―・い有り/ひとりね」
  • にく-たらし・い    [5] 【憎たらしい】 (形)[文]シク にくたら・しいかにも憎らしい。「―・い小僧だ」[ヘボン(二版)][派生] ――が・る(動ラ五[四])――げ(形動)――さ(名)
  • にく-らし・い    [4] 【憎らしい】 (形)[文]シク にくら・し(1)しゃくにさわる。いやな感じだ。腹が立つ。「皮肉ばかり言う―・い男」「―・いことを言う」(2)(反語的に用いて)心がひかれていとしい。かわいい。「私を夢中にさせた―・い人」(「にくらしい」の方が「にくい」よりも嫌悪の念がやや弱い)[派生] ――が・る(動ラ五[四])――げ(形動)――さ(名)
  • みえ-にく・い    [4] 【見え難い】 (形)[文]ク みえにく・し(1)はっきり見えない。見にくい。見づらい。「黒板の字が―・い」「表通りからは―・い場所」(2)わかりにくい。「外部からは―・い結論の出し方」(3)対面するのが気づまりである。「おぼろけの人―・き御気色をも知らず/源氏(常夏)」
  • み-にく・い    [3] 【見難い】 (形)[文]ク みにく・しはっきりと見きわめることが困難である。よく見えない。見づらい。「この席は舞台が―・い」「画像が―・い」[派生] ――げ(形動)――さ(名)
  • やり-にく・い    [4] 【遣り難い】 (形)物事を進めるのが難しい。うまく進めにくい。「―・い仕事」[派生] ――さ(名)