简体版 繁體版
登録 ログイン

いえねずみ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【家鼠】
    ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種の総称。人家内やその周辺あるいは近くの田畑などに住む。ほとんど全世界に分布。
    →野鼠(ノネズミ)

  • いえ-ねずみ    イヘ― [3] 【家鼠】ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種の総称。人家内やその周辺あるいは近くの田畑などに住む。ほとんど全世界に分布。野鼠
  • いえねこ    【家猫】 家で飼われている猫。飼い猫。
  • ねずみ    【鼠】 (1)齧歯目(ゲツシモク)のうち主にネズミ亜目に属する哺乳類をさす。体長5~35センチメートル。尾は細長く,無毛。門歯が発達し,一生伸び続け,硬いものを噛(カ)むのに適応している。繁殖力が強い。人家にすむ種は食料品や家財を荒らし,病原体を媒介する。野外にすむ種も農作物などを加害する。全世界に分布し,種類が多い。 (2)「鼠色」の略。 (3)ひそかに盗んだり悪をなしたりする者のたとえ。
  • あいねずみ    【藍鼠】 藍色を帯びた鼠色。あいねず。
  • あい-ねずみ    アヰ― [3] 【藍鼠】藍色を帯びた鼠色。あいねず。
  • あかねずみ    【赤鼠】 日本各地にいる普通の野鼠。体長約10センチメートルで,尾はそれよりもわずかに短い。背面は橙(ダイダイ)色を帯びた赤褐色,腹面は白色。疎林に穴を掘ってすむ。農作物を食害することもある。チネズミ。
  • あか-ねずみ    [3] 【赤鼠】日本各地にいる普通の野鼠。体長約10センチメートルで,尾はそれよりもわずかに短い。背面は橙(ダイダイ)色を帯びた赤褐色,腹面は白色。疎林に穴を掘ってすむ。農作物を食害することもある。チネズミ。
  • あずき-ねずみ    アヅキ― [4] 【小豆鼠】あずき色を帯びた鼠色。あずきねず。
  • かやねずみ    【萱鼠】 ネズミ科の哺乳類。日本のネズミ類中で最小。体長は5~7センチメートル,尾もほぼ同長。背部は黄褐色で腹部は白色。尾をまきつけて巧みに草木に登る。湿地を好み,カヤなどの葉や茎を編み,地上数十センチメートルの所に球状の巣をつくる。穀類・種子などを食べる。
  • かや-ねずみ    [3] 【萱鼠】ネズミ科の哺乳類。日本のネズミ類中で最小。体長は5~7センチメートル,尾もほぼ同長。背部は黄褐色で腹部は白色。尾をまきつけて巧みに草木に登る。湿地を好み,カヤなどの葉や茎を編み,地上数十センチメートルの所に球状の巣をつくる。穀類・種子などを食べる。
  • かわねずみ    【川鼠】 食虫目の哺乳類。頭胴長12センチメートル,尾長10センチメートルほど。巧みに泳ぎ,手足の指に生えた硬毛が水かきの役をする。水中の小動物を捕食する。ヒマラヤ・インドシナなどに分布し,日本では青森以南の山間の渓流に生息するが,数が減っている。
  • かわ-ねずみ    カハ― [3] 【川鼠】食虫目の哺乳類。頭胴長12センチメートル,尾長10センチメートルほど。巧みに泳ぎ,手足の指に生えた硬毛が水かきの役をする。水中の小動物を捕食する。ヒマラヤ・インドシナなどに分布し,日本では青森以南の山間の渓流に生息するが,数が減っている。
  • きぬげ-ねずみ    [4] 【絹毛鼠】ハムスター
  • きねずみ    【木鼠】 リスの異名。
  • き-ねずみ    [2] 【木鼠】リスの異名。